FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011

2011年4月23日

SN3O0004_20110529171734.jpg

2007年以来、4年ぶりに、浜田省吾のコンサート(SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2011 The Last Weekend)に行ってきました。
(今回は自転車ネタではありません)
場所は、神戸のポートアイランドにあるワールド記念ホール。 
前回は、コンサートの数日前に、三宮の交差点で偶然、ON THE LOAD (浜田省吾のコンサートのキャッチコピー)と書かれたトレーラーと遭遇し、浜田省吾が遂に神戸にやってきたと、トラックを見て興奮する変な親父状態になったものです。

ファンになったのは、高校生のときにFMを聞いていたら、浜田省吾の曲がかかったのが始まりです。今でも殆どテレビに出ませんが、以前は全く出ませんでした。浜田省吾と言う名前も、曲も初めて聴くものでしたが、ラジオでたった1曲聞いただけなのに、浜田省吾という名前だけが強烈に印象に残りました。
その後、すぐにレコード屋(今では死語ですね)に行き、LPを買いました。

買ったLPは、Promisd Land だったと思います。
ラジオで聞いた1曲でファンになったのは、後にも、先にも浜田省吾以外いないと思います。
1曲で仕留める彼こそ、ほんとのプロなのかもしれません。
ちなみにFMで聞いた曲は多分、「愛の世代の前に」だったと思います。

来年60歳とか。 今年でソロデビュー35年。
私もファン暦30年。でも、学生のころより社会人になってからの方が、より歌詞の意味を理解できるようになったというか、良さがわかってきたような気がします。

どちらかというと、順風満帆のエリート人生を歩んできた人より、失敗や挫折の年輪を重ねてきた、あまりかっこよくない、不器用な人間の方が彼の曲には共感できるのかなと言う気がします。

あと、浜田省吾のコンサートはメインステージの他に、アリーナの真ん中にプロレスのリングのようなセンターステージがあり、後半はこのステージで、アリーナの観客の至近距離でライブを繰り広げます。
初めてセンターステージでの演奏を見た際は、あまりの奇抜さと、サービス精神の旺盛さに驚いたものです。
神戸でのアリーナでのコンサートは今回が初めてで、前回は神戸交際会館でした。それ以前は、大阪城ホールまで行ってました。

ちなみにセンターステージでのライブでは、観客(彼はオーディエンスと呼ぶ)の年齢調査があります。今回の最大勢力は40歳代。
なんか居心地の良い空間でした。

今回は、「僕と彼女の週末に」を歌いました。この曲、初めて聴いたとき、高校生の私はなんて重たい曲だ(セリフだ)と思いました。実際、私は今までコンサートで聴いたことは無く、こういった場では封印されていたのではないかと思います。(実際には、歌われた事はあるらしいです)
が、福島原発の事故があり、この出来事が彼にこの歌を歌わせる機運を作ったのかもしれません。
30年ぐらい前に作られた社会派的な楽曲ですが、30年後の今のこの国の問題、課題、病理を歌い上げているようです。

チケットの方は、webでの予約となり、事前に送られてくるチケットでは、座席に位置はわからなくなりました。

IMGx.jpg

当日、入口でチケットのQRコードをかざすと、プリンターから座席券が印字された紙が発行される仕組みとなっており、ここで初めて座席や、アリーナか、スタンドかが判ります。入口の待ち行列の前の方から歓声が聞こえます。きっとアリーナの前の方の席が印字された用紙を受け取ったのでしょう。「当日のお楽しみ」という感もあります。

IMG2.jpg

私は、スタンド席とのご宣託。まあ、ファン倶楽部に入っている訳でもなく、一般販売で購入したので、前の方の席は出てこないと思います。ファン倶楽部を優先しないと、ファン倶楽部に誰も入らなくなりますもんね。

まあ、このような仕組みで当日まで座席が判らない訳ですが、その代わりに一人で大量にチケットを購入し、良い席だけ残してあとは売りさばくという迷惑行為は封じ込められます。
その結果、必要以上にチケットを独占する方がいなくなると思われ、私のように1枚だけエントリーしても、チケットにありつける確率がアップしたのだと思います。

雨ででかけられないので、浜田省吾ネタをアップしました。

P.S.
普段は1日に50~60アクセスの当ブログへのアクセスが、急に100オーバーにアップ。理由がわからずアクセス解析を見ると、浜田省吾 でのキーワードでの検索で多数の方がお越しとわかりました。改めて浜田省吾の根強い人気ぶりを垣間見た気がします。

あと、あまだ省吾バンドのコンサートのレポートもあります。
2010年12月11日
2009年12月19日
 
関連記事
コメント
No title
にっし~と申します
この度は 私のブログにコメント頂き有難うございました

浜田省吾コンサート良かったですよね
エネルギー充電出来ました
コンサートに行ったら
会場周辺を一周してトラックを探します
今回も これで撮影出来ました

私が浜田省吾さん のコンサートに初めて行ったのは
社会人1年生18歳の時
ON THE ROAD 83
6月23日 岡山市民会館
今でもチケットは大切に持ってます



徳島 うだつの町 に行かれた様子
綺麗な街並みでしたね

自転車に乗られるとの事

私の実家がある

岡山県高梁市で

ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会


http://c-takahashi.j-cycling.org/

が行われる様です
興味があれば下記HP見て下さい
2011/06/01(水) 10:02 | URL | にっし~ #qTlQTaRY[ 編集]
Re: No title
にっし~さま、コメントありがとうございます。

浜田省吾のコンサート良いですね。
楽曲も良いし、オーディエンスを大切にする彼の姿勢にも惹かれます。
あと、個人的にはメロディーも好きですが、メッセージ性のある歌詞が何とも言えません。
しかも、数十年前に書かれた歌詞が色あせていなかったりします。

今回はトラックを見損なったので、次回の大阪公演、チャレンジしてみようと思います。
(多分、取れないでしょうけどね)

ヒルクライムのHP拝見しました。勾配が緩いコースとの事で私向きかもしれません。
他のスケジュールとぶつからなければ、考えてみようと思います。



2011/06/01(水) 22:50 | URL | 自転車好き親父 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク