FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

黒豆ツーリング 2011 (丹波 篠山へ)

2011年10月16日

R0014992.jpg

本日の黒豆ツーリングは、10人もの参加がありました。 
 
SN3O0003_20111028224519.jpg

道場駅を出発し、武庫川沿いを川下川ダムへと向かいます。

R0014929.jpg

ダムの上りへ。

DSCF2641 (12)

西谷を経由し、上佐曽利には向かわず、道の駅いながわへと抜けます。

いつもは佐曽利へ向かいますが、今日は手前で右折し、道の駅いながわ方面に進路を取ります。コースは結構長い下り坂で、スタート地点の道場駅より標高の貯金がマイナスになったのかと思うぐらい下ります。

道の駅より、猪名川沿いの県道に入ります。いつもより、かなり手前のポイントより県道に乗りました。この付近は車が多く、対向車も次々にやって来るので、後続車が結構スレスレというか、無理無理追い抜いて行くので、結構怖いです。

楊津小学校手前より県道を離れ、旧道に入ります。小学校の先よりつづれ折の上りになります。勾配は一定で、各自のペースで標高を稼ぎます。

R0014946.jpg

そして、サミットの暗闇へ。

R0014956.jpg

峠の隧道です。林田隧道という名称です。昔の道は猪名川沿いを辿らず、ここを超えていたようです。地図で見ると、猪名川の蛇行区間の出っ張りの付け根を最短ルートで突っ切っていますが、実際にはアップダウンがあり、これに伴う前後のつづれ折もありますので、短縮効果はそれほどでもないです。
実際、今の県道は猪名川沿いの蛇行ルートをとっています。

R0014959_20111027223134.jpg

隧道前で写真を撮っていると、原チャリに乗ったおっちゃんが通りかかり、「最近、自転車に乗った人がよく来るけど、わざわざトンネルの為に上って来たの?」と言われました。アヴェルのMLの影響は大きいようです。

SN3O0007_20111027224831.jpg

峠の隧道から猪名川沿いに下り、県道に復帰すると、すぐ先でいつものコースの合流ポイントです。
ここからは、いつものコースを杉生のヤマザキまで走り、水分補給。

杉生からは、泉郷峠への分岐ポイントまで各自のペースで、ヒルクライムです。もぼちゃんさん、H戸さんが先に消えて行きます。

R0014967.jpg

全員揃ったところで、泉郷峠へと向かいますが、用事のある、もぼちゃんさんは、ここで別れ西峠を経由で帰路につかれます。

SN3O0008_20111027225055.jpg

泉郷峠への上りで、もうひと漕ぎし、サミットを超えて篭坊温泉へ。

R0014981.jpg

いつものように、川沿いのワインディングコースを走ります。渓谷区間を抜け、やや土地の開けたところに、最初の黒豆販売ポイントがあります。昨年の購入ポイントでもあります。ロード9台と昨年よりも大所帯で黒豆販売ブースへ。おばちゃんに、「去年は自転車の人が大勢買いに来てん。今年も来るかなあ言うてたとこ」と、やっぱりやって来たという感じで言われます。

しかし「今年は出来が悪くて、予約の分でいっぱい、いっぱいやねん 後川は皆そうじゃないかな」と残念なお言葉。そう言えば、幟も立っていないし、黒豆も並んでいません。
「来年、来るときは電話して」と連絡先のメモをもらいます。

SN3O0011_20111027225411.jpg

後川には、黒豆販売ポイントがいくつかあるので、気を取り直して進みます。いつもの後川のドライブインまでやってきます。今日は9時に出発しましたが、人数が多いのと、隧道探索があったので、もう12時です。ここで昼食を摂るか、どうするか思案していると、西峠から下って来るルートを少し遡ったポイントに黒豆販売ポイントが見えます。

R0014982.jpg

とりあえず黒豆を確保しようと、そこへ向かいます。

SN3O0013_20111027225540.jpg

私は枝付(600円)と、さやのみ(500円)をそれぞれ1つずつ購入。

R0014985.jpg

枝付のが少なく、さやのみのが多く並んでおり、私の勝手な想像では、今年は出来が悪くて実の付が悪く、枝付で売ると、枝だらけになるものが多く、さやのみに切り離して売らざるを得なかったのか? と考察します。

DSCF2641 (3)

たっぷり買ってキャリアに取り付けるメンバーも。でも、彼のは虫だらけだったとか。

SN3O0016_20111028214202.jpg

後川のドライブインで久々に昼食を摂ります。

昼食後、枝付を買い足したいメンバーがいるので、県道沿いの黒豆販売ブースに寄ります。しかし、幟は立っていても、閉まっていたり、無人だったりで、県道沿いは全滅です。車で簡単に立ち寄れるポイントは販売終了のようです。ここで取っておきの、集落内の旧道沿いの隠れポイントへ。

SN3O0017_20111028214312.jpg

ありました。やはり車が入って来にくいところは、隠れスポットです。

DSCF2641 (5)

隠れスポットの先は、すぐに羽束川沿いのワインディング区間です。黒豆の確保も無事完了し、渓谷区間をぶっ飛ばします。区間によっては40km/hオーバーでかっ飛ばします。

ワインディング区間を抜けると、いつもは、そのままずっと直進ですが、今日は谷が広がったポイントで右ルートへ。そして、山越えに入る手前で左折、いつもの谷の旧道らしきルートを行きます。

R0014993.jpg

県道と違い、まったりと進めます。高平小学校の手前で県道に合流。ここからH戸さんが前に出て先頭を引きます。

十割そばの山獲への分岐ポイントを曲がり、大きくループを描いて木器に入り、木器亭の角を曲がります。
やって来たのは、岡村酒造場。今日はナップザックもあり、O賀さんが購入するそうです。

SN3O0023_20111028214643.jpg

その間、我々はいろいろ見学させて頂きます。

SN3O0024_20111028214929.jpg

まずは、この中。

SN3O0028_20111028215016.jpg

こんな風になっています。誰もいません。

SN3O0027_20111028215049.jpg

資料室のようなところもあります。

SN3O0026_20111028215131.jpg

あとは、いつもの千刈CCの丘陵を超え、道場駅へ。
道場の駅まで、各自ドリンクを買って祝杯? を上げます。

そこへおばちゃんが、枝付の黒豆をセールスにやって来ます。
わざわざ担いで来なくても、神戸産で良ければ、楽に買えるのです。

千苅ダムの駐車場へ戻ります。今日は川の水量が多いので、メンバーを誘って、千苅ダムを見学に行きます。
見事なウォーターカーテンです。

SN3O0029_20111028215313.jpg

ダムの見学も終わり、帰路につきました。


走行距離  69.8km
累積標高   837m



ルートラボ
   
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク