FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

NAHAマラソン 前々日編

2011年12月2日

SN3O0081_20111211210453.jpg

神戸空港発8:25の飛行機で那覇に向かいます。25年ぶりの沖縄訪問です。

今回の目的は、NAHAマラソンへの参加。会社に那覇マラソンを走る会のようなものがあり、6年前から参戦しているとか。
「自転車に乗っていたらマラソンも走れるだろう」と今年は私にも声がかかり、おおいに迷いましたがTRYする事になりました。
<プロローグ編>

普段はあんまり平日には休まないのですが、今回はせっかくなので、前後の金曜日と月曜日に休みを頂き、前々日である今日に自転車でコースを下見しようという魂胆です。
マラソンには全く自信はなく、あんまり乗り気ではなかったのですが、ついでに沖縄で自転車も乗ればと考えると気持ちが切り替わります。
でも、行く寸前まで悩んだのは、自転車を持っていくか、どうするか?
出発1週間前まで悩んだのですが、

①空港からホテルまでは5kmほどだけど、3泊分の荷物を持っての自走は困難。よってモノレールで最寄り駅まで行き、そこから荷物を持ちつつホテルまで移動する(約1km)。
なんとかなりそう。

②同じホテルに3泊するので、自転車は滞在中ずっとホテルに置いておけば問題なし

③最終日は荷物+お土産を持ってモノレールの駅まで移動。但し、マラソンを走った翌日の脚で、荷物+お土産+自転車を持って、空港内を移動可能か?

特に③が大いに気になります。普通に歩くのも難渋するほどかもしれないのに、約10kgもの自転車を持って歩けるのか。しかも、雨が降ったらモノレールの駅までどうやって行くのか。タクシーにも乗せられないだろうし。という事です。

やはり③がネックとなり、自転車の部は、レンタサイクルを選択することにしました。
ちなみに沖縄には、クロスバイクの他、ロードレーサーのレンタルもあるようです。


<当日編>
11時前に那覇空港に到着。今日は1日フリーなので、1日券(600円)を買ってゆいレール(モノレール)へ。

SN3O0003_20111211210636.jpg

モノレールから見える町並みに特段変わったところはなく、本土の町並みと大差ありません。旭橋駅で下車し荷物をコインロッカーへ収めます。

ここから那覇港方面に歩きますが、12月とは思えない暑さです。途中、記憶の彼方にある名称の建物が。

SN3O0005_20111211210742.jpg

25年前の学生時代にやってきた際に宿泊した、「ホテル那覇港」です。あまりの懐かしさに、旅行にいっしょにいった友人2人に写真と共にメールを送りますが、冷ややかな返事が2通返ってきました。今日は平日で仕事中に「今、那覇です」と送れば当たり前か。

港の構内のようなところに入っていくと、お目当ての「お食事処 波布(はぶ)」があります。ここで「肉そば」をオーダー。
10分程待つと、富士山のように盛り上がったそばが。

SN3O0006_20111211210848.jpg

上に乗っているのは、豚肉たっぷりの野菜炒め。なかなか、麺に辿り着きません。上の野菜炒めの重さでスープがはちからあふれ出し、トレイに広がります。

しかし凄い量で、なかなか減りません。隣のテーブルの方は焼き飯を食べていますが、王将の3倍ぐらいあります。
こちらも苦しそう。

結局、まるまる1人前分ぐらいの量を残してしまいました。食べても食べても量が減らんのだよ。いきなりのノックアウトです。食堂のおばちゃん、ごめんなさい。ちなみにお値段は650円です。

今度はモノレールで美栄橋駅へ。ここから徒歩3分ほどの沖縄輪業でレンタサイクルを借ります。が、無い。わからない。店が。
店の地図がラフすぎて・・・
ここでしばらく思案。で、自転車用GPSを取り出します。こういう場合に備え店の位置を記憶させて来ていたのです。スイッチオン。現在地の把握までしばらく待ちます。周りがビルだからか、気が焦っているからなのか、時間がかかります。
やがて地図の画面が神戸から一気に、那覇市内に切り替わります。現在地と店の場所が地図上に表示されます。
国道にぶつかった交差点から反対方向に歩いていたようです。
結局10分ぐらい彷徨いようやく沖縄輪業へ。しかし、あの地図ではよそ者にはわからんぞ!まあ、いざとなれば店に電話すれば解決したのですが、自力解決にこだわってしまいました。

借りたのは、GAIANTのクロスバイク。

SN3O0009_20111211211142.jpg

料金は、800円/4時間 + パンク修理セット 500円 の合計1,300円
コースはGPSに記憶させているのでバッチリです。
とはいえ、沖縄輪業はコースから外れているので、まずは国際通りへ向かいます。

SN3O0010_20111211211220.jpg

なかなか賑やかそうなところです。あとで偵察することにし、まずは自転車で通り過ぎます。
国際通りを通過すると、那覇市内で折り返すように別の通りで来た方向へ戻るコース取りです。

SN3O0011_20111211211300.jpg

ときおりNAHAマラソンを交通規制を知らせる看板が現れます。

SN3O0012_20111211211326.jpg

空港に着いたときは晴れていたのですが、いつの間にやらどす黒い雲が頭上を流れています。

SN3O0013_20111211211409.jpg

今日の天気予報は夕方から雨。でも夕方まで持つだろうかという雲行きです。

SN3O0014_20111211211453.jpg

橋から川を覗くと、木が川の水に浸かっています。これはいつもの事なのでしょうか。それとも、もしかしてマングローブ?
コースは川沿いの329号線のバイパスを東に進んだ後、507号線に入り南下します。
途中、バイパス区間の広い道になる部分もありますが、バイパスが尽きたところからは、往復2車線の普通の道になります。

とある中学か、高校の前付近にAIDステーションの標識。

SN3O0015_20111211211549.jpg

ここを過ぎると一直線の区間に出ます。

SN3O0016_20111211212812.jpg

途中、さとうきび畑らしき丘を通過します。
この区間をひたすら進むと沖縄本島の南を東西に走る国道331号線にぶつかります。南の端までやってきた訳です。

SN3O0017_20111211213102.jpg

この交差点の手間にあるコンビニでトイレ休憩と、補給を摂ります。マラソン2日前に疲れてしまってはいけないので、早い回復を願いクエン酸系のゼリーを買ってコンビニの外に出てくると、雨が降っています。
遂に来てしまったか。よりにもよって、南の端のセクションで。コンビニの庇で雨宿りをしながら、地図やGPSの画面とにらめっこ。来た道をバックした場合、約17km。このまま進むと約25km。どちらも雨の中では楽な距離ではありません。しかも今日はジーパン。濡れると重いです。いろいろ考えますが、今回はチャリに乗るのが目的ではなく、マラソンがメイン。と、考えると少しでもダメージの少ない「来た道ルート」の採用となります。
10分程待つと小雨になったので、ウインドブレーカーをはおり、来た道を引き返し始めます。

しかし、すぐに足が止まってしまいます。どうせ雨が降るなら、どちらのコースを採用しても濡れることには変わりありません。
であれば、せっかく来たのだから、やっぱりコースを走りきるべきでは。と思うが早いかUターンし、反対方向へ走り出します。
先ほどのコンビニの前を通過し、南端の交差点を右折し、マラソンコースの探索を続けます。これが吉と出るか、凶と出るか。

1kmほど平坦が続いたあと、本コース最高地点となる標高100mオーバーの地点に向け上りが始まります。
とはいえ、上りは揺るやかで、自転車であればギアを落とせば難なく上れる勾配です。

緩やかに上っていくと頂上付近の交差点が見えてきました。思ったより短い上りでした。どうやら上り初めの地点までにある程度標高を稼いでおり、0mに近いところから上っている訳ではないようです。ここの上りは標高ほど手ごわくないです。(このような情報が当日効いてきます)

ここを越えると下り坂で遠くに海が見えます。そういえばマラソンコースに入って初めて見る海です。
自転車なのであっという間に下り平和祈念公園入口へ。本来のコースはここを左折し公園内に入るのですが、雨が心配なのでまっすぐにショートカットします。

沿道には街路樹に花が咲いています。

SN3O0018_20111211213400.jpg

ハイビスカスでしょうか。
コースは西向きから北向きに変わりますが、アゲインストの風です。それと頭上には相変わらず黒い雲。でも雨は止んでいます。
雨が再び落ちる前に戻るべく、黙々とペダルを回します。但し、脚に疲れが残らないよう軽めのギアでクルクル回しながら走ります。
ときおりバイパスのような区間になり道幅が広がりますが、多くは往復2車線の道です。途中、糸満ロータリーというところを通過しますが、信号機のある普通の交差点のように見えます。
海はあんまり見えないです。というか、殆どお目にかかっていないような。
空港付近で丘を越えて那覇市街に下り立ちゴールとなるようですが、最後の方は雨のプレッシャーから沖縄輪業への最短ルートへショートカットします。その途中にこのよな建物が。

SN3O0021_20111211213722.jpg

不安定そうですが、沖縄って地震が無いのかな?
3時間30分で走り終え自転車を返します。自転車でそんなにかかるのか? と思われるかもしれませんが、マラソン時と違い信号待ちが随所にあり、信号遵守で走ったためです。

自転車を返し終え店を出ると雨が降ってきます。絶妙のタイミングでした。カサをさしてモノレールの駅に向かいます。
モノレールで終点の首里駅まで移動します。

首里城を目指します。お城の前に駅があるのかと思っていましたが、少し離れているようです。10分ぐらい歩くと城内へ。

SN3O0022_20111211214309.jpg

こんな木が生えています。

SN3O0023_20111211214336.jpg

案内がわかりにくく、城内で大きく遠回りし17:15頃に有料エリアの入口へ。入口の閉まる15分前でスレスレです。
急ぎ足で見て回ります。

SN3O0024_20111211214509.jpg

結構、派手な彩です。

SN3O0025_20111211214709.jpg

城内には和室のような畳の間もあります。
儀式の際は、このような情景だったようです。

R0015118.jpg

玉座。

R0015116.jpg

さっと見て回り、首里城を後にします。

R0015119.jpg

再びモノレールに乗り、牧志で下ります。国際通りの最寄り駅です。
すっかり暗くなった国際通りをぶらつきます。最初に土産店にブラリと入ると、お土産のお菓子類が3個1000円で売られています。1個500円前後の商品です。2500円以上買うと袋ももらえるとの事で、ここでまとめて買ってしまいます。
会社や家へのお土産は、初日にしてほぼ確保できました。移動型の旅であれば初日にお土産を買うと邪魔になりますが、今回は同じホテルに3泊するのでホテルに置きっぱなしにしておけば問題無しです。
但し、頼まれていたホワイトチョコでコーディングされたチンスコウだけは、溶けるといけないので空港で確保する事にします。

晩御飯は土産物屋のおばちゃんに聞いた、「きゅうちゃん」というお店へ。寿司屋と居酒屋が合体したようなお店です。
中へ入ると1人も客がおらず、しくじったかな と思いましたが、店の大将とお話すると、
・那覇マラソンには何度も出ていて、走ってから店を開けた事もある話や、
・明日(那覇マラソンの前夜)はマラソン仲間で店がいっぱいになる話
・三重県出身で那覇にやってきて30年になることなど
いろいろ聞かせて頂きました。そういえば、那覇にやってきて初めてまともに会話したように思います。

メニューにある、海ぶどう がどんなものか知らないので聞いてみると、試食用に頂けました。

SN3O0027_20111211215231.jpg

写真はちょっと食べてから撮っているので、減っています。
おいしかったので、一番人気との、海ぶどうの手巻き寿司 をオーダーします。

SN3O0028_20111211215342.jpg

あと、沖縄風やきそば を頂きました。麺は、沖縄そばと同じ麺です。昼も夜も同じようなものを食べてしまいました。
折角だから、もっと沖縄らしい珍味をチャレンジしておくべきでした。

再びモノレールで、旭橋へ。1日券(600円)は充分に元を取りました。
コインロッカーから荷物を取り出そうとすると、追加料金が発生。基本の8時間を越えたので追加が発生したのですが、
初日から8時間以上那覇をぶらついた事になります。
持ってきた荷物に、いきなり買ったお土産が加わり、最後はタクシーでホテルに向かいますが料金は500円。
25年前も安かったという記憶がありますが、やはり安いです。

盛りだくさんな1日が終わりました。


前日編へ
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク