FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

NAHAマラソン 翌日のドライブ編

2011年12月 5日

SN3O0078_20111231151948.jpg

当日編(後半戦)へ

今日は神戸に帰る日です。午後の飛行機なのでAMに時間があり、レンタカーを押さえています。
このシーズンの沖縄のレンタカーは安く、6時間借りても2,900円なのです。しかも、ホテルに近い営業所で借り、空港の営業所で返しても追加料金なしです。
マラソンの翌日なので、どこかへ行っても歩き回れるのか?また、車の運転に支障はきたさないのか? などと考えましたが、空港までタクシーに乗っても1000円ほどかかるので、最悪、空港までの足に終わってもいいやとの判断で予約してきました。
少しでも有効に時間を使うべく、営業所の開く8時~で予約しています。

さて、スケジュールの方ですが、帰りの飛行機は15:30発で、14:30ロビー集合です。レンタカーの営業所と空港はバス連絡のケースが多いので、まず移動に30分、更に道の間違いや渋滞を考え30分ほど余裕を見て、空港の営業所到着のリミットは、13:30とします。但し、飛行機に乗り遅れると終わりなので、更に30分余裕を見て、13時に空港の営業所に着けるタイムスケジュールを引きます。

ガンガーラの谷が結構良かったとの情報を得ました。ただ、ガイドが案内するタイプの施設らしく、予約が必要で、また、ガイドスタート時間も決まっており、結構歩くとか。マラソンを走った後でどれだけ歩けるか不明で、予約は止めておきました。

考えたプランは、まずは、本当南東部にある知念岬へ

案1)
足がOKかつ、9時頃に着ければ、ここでガンガーラの谷へ電話しガンガーラの谷へ行く。
あとはマラソンコースを辿りながらゆっくり空港へ (遠くへは行けない)

案2)
足が無理そうなら、東海岸を北上し、海中道路をドライブし、高速を使って空港へ

レンタカーを借りに行きます。が、早くは歩けません。この時点で家から自転車を持って来なくて良かったと思います。
車の方は、スズキのスイフト。ホテルに荷物を取りに戻り、早速、出発です。

今日は平日です。ホテルの周りは平穏ですが、那覇の中心部やそこへ向かう道路は朝のこの時間、渋滞や、バス専用レーン或いは、バス専用道の規制がかかっている筈です。
ホテルの近くから海底を通り空港に抜けるルートができているので、ここを通ります。ガラガラの状態で空港付近までやってきます。
そのまま南下し、高速道路に入ります。東方向へ一気に那覇市内から離れていきます。南風原南ICで高速を下り国道へ。ここまでやって来ると渋滞もありません。
まずは、那覇市内の脱出に成功しました。8時台にしては上出来ではないでしょうか。

ここからは県道を走り継ぎ、ニライ端カナイ橋へやってきます。この光景を見にやってきました。

SN3O0050_20111231152037.jpg

手前はこのようになっています。

SN3O0048_20111231152102.jpg

なかなかのビューポイントですが、光線が悪いようです。PMなら絶景だったのかも。
車に急ぎ戻り、ニライ端カナイ橋を駆け下って、知念岬公園へ向かいます。

海が綺麗ではありますが、エメラルドグリーンに輝くという程ではありません。

SN3O0054_20111231152234.jpg

女性のグループがいます。おっさん1人は居づらく車に戻ります。そして、ガンガーラの谷の10時からの部を予約しようと電話します。しかし、予約で10時からの部はいっぱいとのこと。以降の時間では飛行機に間に合わないので諦めます。予想外に人気スポットなのか、はたまた、NAHAマラソン翌日なので、マラソンランナーが流れたのか。

頭を切り替え、近くにある斎場御嶽(せーふぁーうたき)を目指します。パワースポットとの事です。
知念岬からはすぐに到着。ガンガーラの谷が2000円なのに対して、ここは200円。リーズナブルです。

このスポットから先が神聖なエリアらしく、ガイドといっしょに巡られている方は、ここでお辞儀のような儀式をしてから先に進まれています。

SN3O0058_20111231152334.jpg

エリアの中はハイキング道のようになっています。が、ここの階段で結構苦戦。足に来ています。水平には歩けますが、アップダウンがきつい。


ガンガーラの谷は洞窟探索などもあるようですから、予約できなくて結果的に良かったのかもしれません。
しばらく行くと、道は二手に分かれます。

SN3O0061_20111231153105.jpg

まずは左方向へ。ハブ注意などと書かれています。この池に潜んでいるのでしょうか。

R0015146.jpg

進んでいくと、こんなスポットに。

SN3O0064_20111231152811.jpg

引き返して反対側のルートへ。
ここがメインのスポットのようです。

SN3O0070_20111231153322.jpg

この下を通り抜けて反対側へ行くことができます。

SN3O0068.jpg

ここは神聖な場所なのだとか。
くぐった先からは、海が望めます。

SN3O0066_20111231153504.jpg

沖縄の森のプチ探索を楽しんだあとは、東海岸の国道を辿り、海中道路目指します。那覇市内から離れたエリアなので、一般道でもスシスイ進むだろうと思っていたら、想定外に信号が多く、しかも青がうまく続かないので、てこずります。海もあんまり見えない・・

ようやく看板に 海中道路 の文字が出始めると信号の少ないエリアに入ったのか、ペースアップします。海沿いのルートに針路を取ると、左手前方の海上に道路が延びているのが見えてきます。そして、その道路とぶつかるところで左折。海中道路に乗ります。

橋というより、海を埋め立てたような感じで道が伸びています。

SN3O0084_20111231154133.jpg

その先にSAのようなところがあり、ここで車を降ります。

SN3O0076_20111231154454.jpg

ここまで来ると、海の色がややエメラルドグリーンっぽくなります。

SN3O0080.jpg

しばらく海を眺めます。

SN3O0087.jpg

歩道橋に上ると、前方に浜比嘉島へと続く橋が見えます。

R0015161.jpg

時間はもうすぐ12時。もう、そろそろ引き返さねばならない時間が近づいています。
浜比嘉大橋まで行って往復してから空港へと向かう事にします。

12時頃に空港へ向かい始めます。カーナビに那覇空港の営業所をセットしルートを検索します。
カーナビの指示に従い、沖縄北ICより高速に入り、一路空港へ。

そして、もうすぐ空港への出口というところで、ひとつ手前の出口で下りるようナビに指示されます。想定外の針路に戸惑いますが、とりあえず下ります。すると今度は、左折の指示、空港と反対方向へ誘導されます。これではどんどん空港から離れていきます。

こっ、これはおかしいと思いますが、路側が狭いところなので止まって確認することができません。止まれそうなところを探していると、今度は右折の指示。ご指示の通り曲がります。一昨日訪れたDEPOの付近です。とりあえず、指示の通り曲がっていくと、埋立地のようなところにレンタカーの営業所があります。隣には指定されているガソリンスタンドも。130kmほど走ったと思いますが、満タンで850円ほど。えって感じで、スズキのスイフト、燃費良すぎです。

ここの営業所は広く、一度に何台も返却可能なレイアウトです。夏はこのような広いところでないと、捌けないのかもしれません。
時間は13時15分ぐらい。海中道路からここまで、1時間ちょっとで帰って来れました。

今回のドライブMAP



(海底トンネルを認識しないので、コースは海底トンネル出口付近より記載しています)

空港への送迎バスに乗ると、海上を渡るバイパス経由で10分ほどで空港のロビーへ。距離の割には時間はかからないです。

空港へ早く確実に戻ることを優先したので、昼食はまだです。最後の締めは、ソーキそば。

SN3O0089.jpg

昼食後、空港をうろつくとポケモンジェットに遭遇。

R0015167.jpg

空港でお土産を買い足します。

SN3O009612.jpg

こんな、北海道チックな ちんすこう もあります。

最後に、「I LOVE 沖縄」と書かれたキーホルダーを手にします。値段を見ると、450円! 物の作りからして高すぎます。売り場に戻します。
しばらく歩きながら考えます。今回買ったお土産はお菓子類ばかり。食べれば当然なくなります。普段ならそれでOKです。
でも、今回は一味違います。
再び売り場に戻り「これっ」と言ってキーホルダーを店員に手渡す私がいます。マラソン完走の思い出をキーホルダーに託すかのように・・・
 

THE END
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク