FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

北摂ツーリング 2012年版新ルート(永沢寺、千丈寺湖、うわのそら)

2012年4月21日

CIMG0560.jpg

今日は、装いも新たに、北摂の新コースを行きます。

寸前まで雨の予報で半ば諦めていましたが、前日に曇りの予報に変わります。ただ、15時には雨の予報なので油断は禁物です。できるだけロスタイムなく走るよう心がけます。
K山Bさんと、道場駅からいつものコースを逆向けに辿ります。
千刈カントリーへの道を上って行きます。上りは下りに比べスピードが格段に遅く、通過に要する時間が長いので、多くの車とすれ違ったり、追い越されたりします。結構、車通りますね。この山中の道。

逆に下っている際は、走るのに精一杯で周りが見えていませんでしたが、ゆっくり上ると渓流沿いなのがわかります。
とは言え、一見清流に見えるこの水も、上流にゴルフ場があることを考えると、侮れません。顔を洗ったりするのはご法度だと思います。

やがて下りに転じ、上り直したりと、いつものコースを逆に辿り、木器へ。
千島酒造、木器亭、山獲などを案内しながら、波豆川沿いの県道へ。

いつもは下ってくるルートを上る訳ですが、幟が進行方向に向かって結構激しくはためいており、フォローの風に押され、渓流区間に入るまでの区間は30km/h弱ぐらいで進みます。

ローディが景色を見ながら休んでいたんので、我々も止まります。
道場では、散っていた桜が、ここではまだ結構咲いています。

CIMG0524.jpg

ここからは渓流沿いの上りでペースが落ちますが、追い風のためか、思っていたよりは楽に進みます。
途中で再度、桜を愛でます。満開で全く花は散っていないのに、部分的には葉っぱが出ているという変わった状況です。

CIMG0526.jpg

後川下へ。ここでは桜が満開です。

CIMG0529.jpg

いつものコースならここで東へ向かい、後川、篭坊へと向かいますが、今日は直進し、この先の峠を目指します。
茶畑が現れます。

CIMG0531.jpg

振り返ると、なんかいい感じの風景です。

CIMG0533.jpg

その先には、ピンク色のしだれ桜? が。

CIMG0534.jpg

やがて川の流れから離れ、つづれ折になって上って行きます。
前方が明るくなり峠かと思われる光景となり、ダンシングでラストスパート。
が、ここウソ峠で、その先を下っていくルートは今回の予定ルートとは違う道のようで、路面も荒れています。

CIMG0537.jpg

本来のルートは、さりげなく左方向に続いていました。まだ上っています。気持ちがポッキリ折れかかりますが、幸い勾配が緩くなり途中、高山植物? らしき花が。 (ただの花かな?)

CIMG0540.jpg

今度は本当の峠に到着。GPSでの標高は540m。でも峠の反対側は下りではなく平坦です。永沢寺のある高原状のエリアに出たようです。

CIMG0541.jpg
 
永沢寺の芝桜が見頃なのか、山中の道を結構な車が走っているのが見えます。
永沢寺には用はないので、千丈寺湖方面に針路を取ります。このルート、かつて柴田ファームへ行く際に行き来した道です。
永沢寺の先に更に上りがあり、582mまで上ります。

サミットにはかつてMTBで分け入ったコースの入口があります。このコースも巡視路で乗り応えのあるコースでした。
今日は舗装路を下ります。結構な勾配でノーブレーキで下れば、60km/h以上出そうな傾斜ですが、
・1.5車線
・結構、対向車がやって来る
・曲がっていて見通しが効きにくい
ので、ブレーキを駆使して下ります。

急下りのセクションをクリアし、勾配が緩くなると、蕎麦屋地帯が現れます。ここもそのうち試してみたい気もしますが、永沢寺という観光地を控えての立地なので、観光客向けかも。

その後、平坦地に下ってから、上って、下って、千丈寺湖畔へ。
千丈寺湖はダムを中心に、北方向と、東方向にL字型に伸びるダム湖です。
東側のダム湖を周回し、ここへやってきました。

CIMG0546.jpg

「うわのそら」 です。

CIMG0543.jpg

メニューはこんな感じ。これに食後のコーヒーと、アイスが付きます。
絹代さんも来られたようですが、今日はおっさん二人で頂きます。

昼食後は、千丈寺湖の北側部分を周回し、東湖を再度辿って永沢寺からの県道49に戻り、志手原の交差点へ。
ここからは、県道37をまっすぐ辿れば、三田の市街に出れますが、有馬富士公園の交差点より、南東方向へ伸びる小道へ。

途中から川沿いに下るいい感じのルートになります。
そのまま川沿いに下るのかと思いきや、とある交差点でのGPSのルート表示は、川を遡る方向。

このルートは前夜に地図を見ながらマッピングしたもので、川に沿う方向には行けなかった筈。
(帰ってから確認すると、やはり川はやがてダム湖となり、道はなくなっています)

まあ、三田の市街地も近し、ちょっとした上り返し程度だろうかと辿ると、結構な上りが待ってました。
やがてゴルフ場沿いとなりますが、道を挟んで右側はゴルフ場のとんでもなく高いフェンス、左側は普通の住宅地という風景が現れます。ここの住宅は道を挟んで、向側にゴルフ場が広がる訳です。

山上の平坦な住宅地&ゴルフ場が尽きると、逆落としのような山中の急坂が、三田の市街地めがけて落ちていきます。
(ここも三田の市街地かもしれませんが)
あとは平坦地を走り道場へ。

CIMG0550.jpg

もう少しで道場駅というポジションへ。
いつもの山の光景の中に、人工的な物が見えます。

CIMG0551.jpg

ズームアップします。

CIMG0552.jpg

新名神のひっかき傷です。
山道をぶった切ってしまいましたが、お世話になると思います。あれができれば、中国道の慢性渋滞も過去のものになるでしょう。
せっかく造るのですから、早く開通してもらいたいものです。

別方向の山を見ます。

CIMG0555.jpg

岩場があります。K山Bさんが、人が見えると言います。
めいっぱいズームを効かせると・・・

CIMG0554.jpg

居ました。

千苅ダムに戻りますが、川の水量が豊かなので、千苅ダムの見学に向かいます。
やはり放流してました。

CIMG0563.jpg

今日は、こちらからも。

CIMG0558.jpg

終わってみれば、晴れ間ののぞく、春の気持ち良いツーリング&グルメな1日でした。
今日は久々に雨にあわずです。

走行距離  70.4km
累積標高   943m


MAP


地図のルートが正しく表示されない場合は、一番上のタイトルの部分 (北摂ツーリング 2012年版新ルート(永沢寺、千丈寺湖、うわのそら)) をクリックください。

続きを読む では、正しく表示されない場合があります。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【北摂ツーリング 2012年版新ルート(永沢寺、千丈寺湖、うわのそら)】

2012年4月21日今日は、装いも新たに、北摂の新コースを行きます。寸前まで雨の予報で半ば諦めていましたが、前日に曇りの予報に変わります。ただ、15時には雨の予報
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク