FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

明石B級スポット ツーリング

2012年5月27日

CIMG1168.jpg

今日はAMに家の用事を済ませ、早い目の昼食を摂ると、折りたたみ自転車の電車輪行で西明石駅にやってきます。
今日はここから北を目指します。

第2神明道路を西へ走っていると、玉津ICを過ぎた辺りから針路がやや北向きに変わると共に、西側にある丘陵に沿うように坂を上がっていきます。

西側の丘陵はそんなに高くもないのに緑が茂り、住宅地などには開発されてないように見えます。
あの丘陵地はどうなっているのか。南北に貫く道路はあるのか、はたまた、シングルトラックでも通っているのか、以前から気になっていたので、今日の午後に疑問を解明しようとやってきた次第です。

まずは北へ、北へと辿り、王塚台にやってきます。ここは神戸市内です。
住宅街の中を走っていると、ちょっと大き目の公園が。

近づいてみると、池があり、その真ん中に島があります。

CIMG1122.jpg

これは普通の公園とは違うヨ・カ・ン。
説明文などがないか周りを辿ります。

マムシに注意! などの看板が続きますが、こんな注意書きが。

CIMG1124.jpg

恐れ多くも、宮内庁 の文字が!

更にその先にありました。説明文が。

CIMG1125.jpg

なんでも、五色塚に次ぐ、古墳だとか。
ちなみに狙ってやってきたのではありません。全くの偶然です。

堀には真っ白の花が咲いています。

CIMG1127.jpg

さて、目指す丘陵地は、ここよりやや西方にあるので、西に針路を変えます。
しかし、しばらく行くと、学校の敷地や、ため池か何かの堰堤にブロックされ、なかなか西方向へ行けず、南へ迂回します。
方向的には戻っていってるがな。

おっと、おばあさんが、舗装路の日陰のところで寝ているがな。車に轢かれないかちょっと心配。

やがて西方向に針路が開け、更に視界をさえぎっていた堰堤らしきところへ駆け上がるルートが現れました。
なんか、でっかい貯水池です。

CIMG1130.jpg

明石市の水がめ、野々池貯水池のようです。
こんなでっかい貯水池が町中にあるとは知りませんでした。これも偶然の遭遇。

CIMG1129.jpg

撮り方によっては、向側のマンションがリゾートホテルのように見えます。
しばらく周りを巡ってみます。
南北方向に長い貯水池なので、北の端から見ると、対岸までかなりあります。

CIMG1133.jpg

これで、明石市民の何日分かはあるのでしょうか。それとも、数時間分?
北の端まで来ると、目指す丘陵地はすぐそこ。

しかし、堰堤から下りる道と、丘陵地方面に行く道がありません。
仕方なく迂回したり、畑の中の(農道)未舗装路を辿って、丘陵地南側を東西に貫く舗装路に辿りつきます。
なんか、トンネルが見えます。

CIMG1136.jpg

竹のトンネルです。

CIMG1134.jpg

さっそく潜りにいきます。
その中には、廃屋が。

CIMG1138.jpg

トンネル見物を終えると、丘陵地へと上るアプローチを探します。
が、それらしきポイントはみつかりません。

仕方なく東方向へ移動していくと、丘陵の東側まで来てしまいました。
そのまま丘陵に沿って北上します。

丘陵に向かって電柱が並んでいるのが見えてきます。
きっと、丘陵地へのアプローチ路があるのでしょう。
上っていきます。
暗峠並みの急勾配です。丸いボコボコの開いたコンクリート舗装路なので、雰囲気が似ています。
しかし、標高はたいしたことないので、やがて、尾根筋に出たようです。
そこは、家屋が3,4軒ある住宅地。

CIMG1139.jpg

車もあるので、人も住んでいるのでしょう。
でも、舗装路は尽きて、その先は山道っぽくなっています。

CIMG1140.jpg

轍もあるように見えるので、4WDの軽トラなら辿れるのかも
しれませんが、折りたたみ自転車では困難なので、ここで引き返し、下山します。

麓へ下りると再び北上開始。
しばらく行くと、フェンスで囲まれた用地に遭遇します。

CIMG1142.jpg

と書かれているので、第2神明北線の予定地のようです。

今度はセブンイレブンのある交差点で左折。
再度、丘陵地を目指しますが、さきほど第2神明の下をくぐったので、丘陵地との間には、第2神明が立ちはだかる筈で、
丘陵側に出られるかは疑問です。

廃車解体場のようなところに出ます。
廃車がオブジェのように高く掲げられています。

CIMG1144.jpg

この先で第2神明の下をくぐり、丘陵地側へ。
そこはグラウンドが広がり、野球少年が練習に励む、のどかなエリアでした。グラウンドは複数あり、それぞれ練習中で、コーチの厳しい声が飛び交います。

高速からは見えないけど、森のように見える丘陵地の北端は、野球少年の聖地でした。

第2神明に沿って西方向に向かうと、第2神明の上を越える橋が見えるので、行ってみます。
場所は、明石SAの東方です。

橋を渡った先は、石ケ谷公園と思いきや、石ケ谷墓園でした。

CIMG1146.jpg

当然、引き返します。
沿道には、墓石屋などがあります。

車の少ない道をつなぎあわせ、南下を開始します。
4車線道路と交差します。

CIMG1149.jpg

しかし、4車線あるのは西方向のみ。

CIMG1150.jpg

東方向は、道路がフェードアウトしています・・
このまま延伸しても、神戸市域に入っていくでしょうから、これ以上の整備は難しいのかも。

その先に、レンコンの畑らしきところが。

CIMG1147.jpg

畑の中を辿っていた道は、住宅街に吸収されます。
市街化調整区域と、住宅地との境界のようです。

CIMG1151.jpg

車で飽和状態の国道2号線を越え、もうすぐJRの線路というところでふと横を見ると、こんなものが。

CIMG1153.jpg

大きさはこんなレベル。

CIMG1156.jpg

中の様子。

CIMG1164.jpg

旧山陽鉄道時代に造られた明治生まれかもしれません。
ちょうど新快速がやってきたので、いっしょに写そうとすると軽トラが。

CIMG1160.jpg

でも、この軽トラ、このトンネルをくぐって行きました。
こんな大きさなのに。

CIMG1159.jpg

新快速とのコラボに再度、挑戦。

CIMG1162.jpg

ちなにみここも狙ってやってきたのではありません。
今日は、B級スポット連発です。

ここからは、谷八木川に沿って南下。
台地を切り裂く渓谷のようになった川なので、新幹線の他、明姫幹線、山陽電車の下をアンダーパスしていくので、信号や踏み切りに阻まれること無く、旧浜国道までやってこれます。このルート、明石での自転車による南北の移動には良いルートかも。

海辺の自転車道に入ります。

CIMG1166.jpg

多くの自転車や、ジョギング中の方がいます。
景色も良いです。

CIMG1170.jpg

明石市内を抜け、最後は大蔵海岸へ。

CIMG1172.jpg

砂浜に花が咲いています。

CIMG1181.jpg

明石海峡大橋とのコラボに挑戦。

CIMG1175.jpg

ちょっと影が不細工かな。

CIMG1173.jpg

あとは須磨までまったり走って帰還。

王塚以外は、
・野々池貯水池
・緑のトンネル
・廃車のオブジェ
・レンガトンネル
・サイクリング道
・大蔵海岸
と、明石市内のスポットばかりでした。

ちなみに、緑のトンネルは地図で確認すると、ちょうど、明石と神戸の市境となるようです。


本日の走行距離  40.4km


MAP


より大きな地図で 2012/5/27 明石B級スポットツーリング を表示

 
地図が正しく表示されない場合はこちらをクリックください

 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【明石B級スポット ツーリング】

2012年5月27日今日はAMに家の用事を済ませ、早い目の昼食を摂ると、折りたたみ自転車の電車輪行で西明石駅にやってきます。
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク