FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2013年 坊主岩丘陵へ

2013年1月6日

CIMG3588.jpg


シクロクロスを観戦した後は、大沢小学校付近に移動します。
ここでMTBを下ろし、坊主岩へ向かいます。 

記念すべき、ブログ 300話目は、元気いっぱい? の坊主岩ネタです。 


相変わらずの、お姿です。

CIMG3590.jpg


案内板には、こう記載されています。

CIMG3591.jpg


坊主岩前の道を上りきると、尾根上のフラットな巡視路へ。

CIMG3592.jpg


やっぱり快適です。

しばらく行くと丘陵を東西に横切る舗装路を横断しますが、この舗装路に沿う形で竹林の中をいい感じのコースが続きます。

CIMG3598.jpg


現在、Facebookの表紙に使っているのが、ここでの写真です。

このままどんどん行くと、坊主岩丘陵の西の谷に下りてしまいますので、引き返して、巡視路を辿ります。

鉄塔を超えると激下り。

最後は氷結した池に突っ込むように下りています。

CIMG3600.jpg


曲がりきれなければ、池ポチャ確実。

当然、MTBを押して、引きずって、下っていきます。

池は、こんな感じ。

CIMG3602.jpg


池の横のフラットなコースを行きます。

CIMG3605.jpg


途中、プラ階段の下りなどがあり、上り返すと、西方面からのフラットなコースが合流してきます。

ちょっと入り込んでみます。

CIMG3608.jpg


ここもまたよく整備されたシングルトラックです。

どんどん辿ってみたいですが、これまた坊主岩丘陵から転落して西側の谷に下りてしまうので、下り始めたところで引き返します。

大きな岩の前を通過し、ここまで尾根を辿ってきた巡視路は、山を下り始めます。

今日は一人なので無理をせず、押したり、乗ったりしながら、森を脱出します。

県道までのルートは滑りそうなコースなのですが、水分が凍っているのか、ニュルニュル感はなく、グリップを保ったまま抜け出せました。

第1ステージ終了です。




ここからは県道を10分ほど走って、大沢小学校付近に戻ります。

この少し先の川沿いの舗装路を東方向、県道を挟んで、坊主岩丘陵とは反対側へと上っていきます。

圃場整備された田んぼの中を行く、まっすぐな、勾配も一定な人工的な坂を上ります。

一定ペースでクランクを回し続け、てっぺんに到着。

振り返ると、坊主岩丘陵が見えます。

CIMG3609.jpg


高さがほぼ一定な丘陵地です。

ここからは、圃場整備エリアを外輪山のように取り囲む林間コースに突入します。

入り口はこちら。

CIMG3610.jpg


しばらく行くと、未舗装路が分岐しこちらへ進入。

CIMG3613.jpg


倒木ひとつない快適ルートです。

しかし、舗装路に吸収されます。

CIMG3614.jpg


少し行くと、右方向に分かれていく未舗装路があるので入ってみますが、これは林間エリアを突き抜け、上ってきた舗装路の方へ行ってしまいます。

仕方がないので、舗装路に戻り、下っていくと、再度、林間ルートへの入り口が。

CIMG3615.jpg


それにしても、綺麗な道です。

大沢小学校方面とは別の方向への分岐が現れます。

支尾根を辿るルートのようですが、落ち葉サクサクの快適路なので、入り込みます。
序盤はフラットでどんどん進みます。

CIMG3617.jpg


竹林の中を高度を下げて行きますが、ちょうど良い勾配で乗って行けます。

CIMG3618.jpg


やがて、住宅が見え、THE END。

CIMG3619.jpg


でも、良い寄り道でした。
押して戻り、本来のルートに復帰します。

しばらく行くと、再び左下へと分かれて行くルートが。

CIMG3621aa.jpg


少し入ってみますが、こちらはやや障害物があり、突っ切れないことはないですが、ちょっと辿りにくく、すぐに引き返します。

CIMG3620.jpg


本来のルートに復帰しますが、幅が十分にあるので、軽であれば通れそうです。

もしかしたら、昔のメインルートかもしれません。

というのも、私が上ってきた舗装路は圃場整備でできたらしき近代の道です。

多分、昔は田んぼが棚田の如く、不規則に広がり、まっすぐ上ることなど不可能で、畦道がうねうねとあっただけではと思われます。だから、自動車はこっちの道を通っていたのかも。あくまで想像です。

最後は舗装路になり、大沢小学校に続く道路に下り立ちます。

車の駐車ポイントへ戻る途中、先ほどのエリアを望みます。

CIMG3625aa.jpg


真ん中のまっすぐな舗装路を上り、右側の森の中を抜けて下って来ました。


走行距離 11.2km
獲得標高  282m



MAP



関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク