FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

銀の谷エクスペリエンス 『トロッコ道を歩こう!』 & おまけ? の探索

2014年3月9日

CIMG7057.jpg


今日は、銀の谷エクスペリエンスの主催イベント、『トロッコ道を歩こう!』へ参加しに、生野へ行ってきました。 



主催は、生野在住で、町おこしに熱心なジローさんを中心とするメンバー。
かつて生野駅と、生野銀山の間をトロッコが結んでいたそうで、このルートの一部を最近、再整備し、今回のイベントとなったとか。

これに、S田さん、N川さん、作畑ガールさん、私が加わり、昨年秋の、生野の黒川での古民家合宿 & 中央分水嶺ハイキングのメンバーが集結しました。



イベントは、姫宮神社を起点にスタート。

CIMG7048.jpg




ここから町中をしばらく行き、川沿いのトロッコのルート跡に入ります。

CIMG7054.jpg




見事なアーチの上を辿っていたようです。

CIMG7058.jpg



線路を敷いている部分もあります。当時のものではないですけどね。

CIMG7064.jpg



ただ、現在は、辿れるルートはまだ一部で、対岸に渡ったりしながら探索します。

途中の神社では、魔崖仏 を見に、プチ登山に。

途中、雪の積もった木橋があり、これが怖かったりします。

魔崖仏は、こんな感じ。庇がついています。

CIMG7068.jpg



更に上ると、なんとかおじさんが掘ったとかいう穴が。

CIMG7069.jpg



石の飛び出したところが、亀の頭なのだとか。


最後は、甲社宅でフィニッシュ。

CIMG7076.jpg



ここには、黒田官兵衛役の岡田准一が訪れたようです。

さて、このイベント開始の1時間前に生野に到着しておりました我々は、事前に生野の町を散策しておりました。

生野の町では、ひなまつり というのが行われているとか。

CIMG7043.jpg



かつて銀山で栄えた生野は裕福だったらしく、各家庭には、立派な雛人形があるそうです。 

で、これらを玄関などに飾り、家々を巡って見学できるのだとか。

CIMG7040.jpg



学校跡の施設には、いくつもあったりします。

CIMG7045.jpg



また、古い町並みも残っていたりします。

CIMG7052.jpg



社タイプもあります。

CIMG7053.jpg



食事では、生野はハヤシライスが名物なのだとか。

CIMG7077.jpg





で、昼食後は、S田さん、プレゼンツの探索イベントへ

やってきたのは、市川沿いのとあるポイント。


目指す探索ポイントは、川の向かい側にあります。

とはいえ、橋などはありません。

朝、生野へ向かう際にこのポイントへ寄り、下見をしていたのですが、S田さんの見立ては、「これなら長靴で渡れる」でした。

実は今日までも、「市川を長靴ごときで渡れるのか?」 とネット上でやり取りがあったのですが、現地を見て決めようとなったのです。

ちなみに、内心ベースは、

S田さん:渡れるはず、いや、絶対に渡れる

私   :長靴ごときで渡れるわけがない。それに、雪解けで水量が増えているはず。

でした。

下見の際も、私は、S田さんの見立てに反し、「無理っぽいなあ」 と思っておりました。

でも、それは口には出さず。

それは、川では濡れても、探索に行きたかったから。

ちなみに私は長靴を持っていなかったのですが、濡れると思っていても(長靴が役に立たないと思っていても)、即、長靴を購入しました。

「ついて行きますぜ、兄貴」 という意気込みを伝えるために。


前置きが長くなりました。

序盤はこんな感じ。

bantan001.jpg



中州までは、なんとか濡れずにクリアーします。

が、その先が流れが速く、見た目以上に水深もあります。

あっ 冷たい。

あっけなく水没。

ガーン。

水没したら最後、あとはこけないように対岸を目指すしかありません。

しかし、水が切れるほど冷たい。

しかも、水が入ってしまった長靴は重くて、とても歩きにくい。

冷たいので早くという気持ちとは裏腹に、一歩一歩、ゆっくりしか進めません。

ようやく対岸へ。

長靴を脱いで、ひっくり返すと、ダボダボダボと水が・・

CIMG7079.jpg



長靴も、靴下も、ズボンの裾もビチャビチャ。

これで探索とは・・

とあるポイントから、斜面をよじ登って平らなエリアへ。

そして、すぐそこには、入口が。

CIMG7082.jpg



曲がっていますが、出口は見えているので、ライトは無しで突入します。

レンガ造りの隧道です。

CIMG7086.jpg



反対側の坑口はこんな感じ。

CIMG7088.jpg




整然と、木材が積まれているので、山仕事の方が来れれているのでしょう。

でも、川はどうやって渡っているのかな?

先に別ルートから上っていた先発組が隧道脇から下ってきました。

CIMG7091.jpg



ちょうど隧道で潜っている部分を上ったようです。

私もちょっと上り返します。

CIMG7094.jpg



現在の線路がカーブしていますが、そのまま、まっすぐ伸びてくると隧道に入る線形です。

そう、ここは播但線の旧線跡なのです。

4人揃ったところで、再度、隧道をくぐり、北上を開始します。

序盤は、木が生い茂り、手こずる予感。

CIMG7111.jpg



やがて植林地帯に入り、路盤後にも植林されてはいますが、俄然、歩きやすくなります。

CIMG7117.jpg



先頭を行く、S田さんが急に止まると、足下には、沢を渡る橋梁後。

もちろん、桁はなく、朽ちかけた棒切れが渡されているだけです。

沢へ下りて迂回します。

CIMG7122.jpg



幅的には3mぐらいですが、飛び越すのは恐ろしい高さです。

それに、おっさんの体力 & 長靴(水入り) ということを考えると、絶対にクリアできないでしょう。

その先にには切り通しが。




苔の緑が鮮やかです。


その先で路面は湿地化し始めます。

これは、とあるもののある兆候。

沼の上に倒木が重なり、行く手を遮ります。

でも、今日は長靴なので、完全に沈みこまない限り、突破できます。

中は濡れてますが・・

ついに到達。

CIMG7130.jpg



風は抜けていますが、カーブしているのか、中は真っ暗。

CIMG7134.jpg



しかも、水没。

この隧道、現役時代に変状をきたし、これが原因で、播但線は対岸に付け替えられたそうです。

真ん中辺りに山ができています。

CIMG7140.jpg





閉塞はしていませんが、一部、天井が落ち、土砂が溜まっているようなコンディションなので、現役生活を続けるには無理だったのでしょう。

山を越えると水は溜まっていません。

CIMG7146.jpg



反対側の坑口。

CIMG7150.jpg



坑口の一部が壊れています。


山の裾というか、端の方にある隧道は、一律に地圧がかからず、偏圧がかかるそうです。

そのため、レンガ造りで耐久力の弱い、明治生まれの隧道たちは、偏圧に耐えきれず、崩壊するそうです。

東北地方には、天井が完全に落ち、閉塞してしまった隧道もあるとか。

ちなみに、隧道部分は、川沿いに巻き道がありますので、帰りは隧道部分を迂回することにします。

ただ、急斜面を横切る区間もあるので、withMTBでは難しいと思います。


歴史的は遺構を見学した後は、来た道を引き返します。


路盤から下り、川の岸へ。


帰りもこうなります。

CIMG7152.jpg



私はコースを見誤り、迷走。


行きより、激しく濡れます。

ただ、換えの靴下と、元々の靴があるので、車に戻ると足は乾燥を取り戻します。

ズボンは裾が濡れて、ちょっと気持ち悪いですが。


ちなみに、このポイントのちょっと下流寄りには、弔魂碑があります。

CIMG7037.jpg




和田山方面から、生野に向かっていた蒸気機関車の乗務員が煙に巻かれて倒れ、そのまま機関車は暴走。

生野駅を通り越し、そこから下り基調のこの付近を暴走列車は駆け下り、脱線して、隧道の側壁に激突して大破したとか。

今なら、ATSが作動して生野駅で止まるのでしょうが、蒸気機関車時代は、そんなの無かった(タブレットの時代)のでしょうね。


いろいろ、中身の濃い、1日でした。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク