神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

町中の滝の行場探索ツーリング  (西宮の天竜の滝へ)

2016年2月7日

CIMG2907.jpg


今日は、西宮の町中にあるという滝の行場を目指します。 
町中行場は、甲陽園東山町というところにあるそうです。ヒントはそれだけ。事前にネットで検索しましたが、情報は得られませんでした。かなりマイナーなところなのでしょうか。
JRのさくら夙川駅で降り、折りたたみ自転車で阪急の甲陽園駅を目指します。

電車が走っているようなところだから平地だろうと思って走っていると、結構上っていて、北風と相まって思ったよりは負荷がかかります。

甲陽園東山町は駅より東の方にあるようです。これらしい方向へ向かう道を行きます。

途中、道路から見える小さな滝を発見!

CIMG2882.jpg




滝を覆うように立体的な駐車場が覆いかぶさっています。
駐車場の陰になって写真には滝は殆ど写りません。

しかもここは山王町。違うようです。先を行きます。

滝があるということは、山と町が接しているところだろうと推測し走っていくと、かなり見晴らしの良いところまで上ってきます。
しかし、高級そうな住宅が並んでいるだけで、それらしきところはありません。

家の前で何やら作業をされている方に聞いてみると、谷の方を差し、沢があり子供のころは沢蟹を取ったりしたので、そこかも とのアドバイスと谷へと下りるルートもお教え頂きます。

が、行ってみると住宅が立ちはだかり、沢へと行けません。
この沢は諦め更に東方向へ行ってみます。

住宅街を抜け川を渡りますが、この川も川沿いには遡れるスペースが無いです。
川を渡ってすぐのところに公園があり、二組の親子がボール遊びをしています。

一人のお父さんに、怪しまれるかなあと思いつつ、「この辺りの住宅街の中に、滝の行場があるって聞いてやって来たのですが、ご存じないですか?」と聞いてみます。
すると、行ったことはないけど、ご存知の様子。ただ、宗教が絡んでいるらしきコメントが。

公園の横の川ではなく、もう一つ西側の川との事。
あと、折りたたみ自転車の購入を検討中とのことで、自転車のお話もします。
情報を頂き、お礼を言って西方向へ引き返します。

住宅街の中を流れる小さな川の近くまでやってきます。とある駐車場の裏が川のようで、駐車場の奥に川の方へ抜けられそうなスペースがあり、そこを辿れば川のところまで行けそうです。
しかし、駐車場は民有地のようですし、駐車場の前には民家があります。宗教が絡んでいるようなコメント聞いていたので、この住宅が宗教関連の施設だったりすると、ここのスペースに入り咎められると厄介そうです。

ここからの川へのアプローチは諦め、他に川沿いに辿れる進入路が無いか探します。
しかし、道路と川の間にはビッチリと住宅が並び、一寸たりとも川へ近づけるスペースはありません。
どんどん下流方向へ下って行き、川を渡る橋のところまでやって来ます。

ここから川沿いに辿れないか橋の上から眺めますが、川の流路の両側はビッチリと住宅が並んでおり、全く辿れそうなスペースはありません。
もし、無理やり辿るとすれば長靴でもはいて、流路を辿る以外にありません。町中の用水路って感じです。

ここの川もムリだな。他に2か所行場があるとの事なので、それでも探そうと来た道を引き返します。
先ほどの公園へと戻る道を辿っていると、先ほど公園で遊ばれていた2組の親子にお会いします。
滝が気になって見に行くところだそうです。合流させて頂き、いっしょに向かいます。

途中、すぐ近くの丘の上にあるマンションが、かつての高級料亭播半の跡だとお教え頂きます。
播半、営業を休止したとは聞いていましたが、もう跡形も無くなっていたんですね。

先ほど躊躇した駐車場のところまでやって来ます。
この奥のスペースから川に近づけそうなんですけど と言い切らないうちに子供たちがなだれ込み、そのまま奥のスペースへと進入していきます。

我々お父さん連もついていきます。
駐車場に面する住宅は、外人さんが住んでいるとか。宗教関係の建屋ではなかったようです。

で、行ってみると、やや下の方にある川に落ちていく滝が見えます。

CIMG2887.jpg




こんなところに滝があったんや と言われています。
あれですかね? と聞かれます。

写真で見たのと似ているようにも見えますが、でも写真は滝の前で撮られています。
うーん シチュエーションが違いすぎます。右上からの写真は無かったです。

川に下りられないか見まわしますが、高低差がある上に、フェンスで厳重に囲われており、今いるスペースから辛うじて見えるだけで川に近づけるようなところは一切ありません。
情報源のS川さんはフェンスを乗り越えられて辿り着いたのでしょうか。でも、MTBも写っていたのでさすがにMTBを担いでフェンスを越え、更に川まで下りるなんてさすがのS川さんでも物理的に難しい気がします。

やはり、他にも滝の行場があるのでしょうか。

そのうち子供たちが学校に、洞窟だったか、防空壕だったか、(はたまた違うものを言っていたかな?)があると言い出します。
で、いっしょに学校へ行くことに。

やって来たのは、甲陽園小学校。
ビオトープらしきところまでやって来ますが、移り気な子供たちはグラウンドへ走って行ってしまい、遊び始めてしまいました。
こうなってしまっては仕方がないので、お礼を言って別れます。ちなみにネットの情報では、戦時中、甲陽園地下壕というものがあったそうです。これに関係するものが小学校にもあったのかも。

学校の横に大きな池があるので、一周してみます。

CIMG2891.jpg




来た道を引き返しますが、残り2つの行場がみつからないかなと、行きとは違う道に入ってみます。
でも、多くは住宅に囲まれて行き止まりで終わります。

で、この角を曲がると終わりかなと、ある通りを辿っていると、曲がった先にこんなところが!

CIMG2898_20160212211552b6c.jpg




S川さんのアップされた写真の1枚と同じ光景です!

水路の上に祠があります。

CIMG2896.jpg




祠の前を通過し水路沿いに進入すると、こんな光景が。

CIMG2900_20160212215634c05.jpg




天竜の滝 というようです。 

CIMG2901.jpg




突入します! (オーバーな)

CIMG2903.jpg




内部はこんな感じです。激狭ながら通路があります。

CIMG2905_20160212215637031.jpg




やがて滝が見えてきます。

CIMG2911.jpg




順路は滝の前を通って反対側へと渡るようです。

CIMG2910.jpg




対岸には階段があり、先ほどのトンネルの上へと上れます。

CIMG2912.jpg




滝を上から眺められます。

CIMG2916.jpg




まさに町中の滝の行場です。

滝は崖に挟まれていますが、左側の崖のすぐ上にはマンションが建っています。

滝は結構な音を立てて水をたたきつけているので、あのマンションでは絶えず滝の水の音が聞こえている筈です。
まさに、行場上マンションです。

そして右側の崖の上は、先ほど地元の親子といっしょに滝を見下ろしていたポイントです。
場所は合っていたのです。ただ、川の東側からではなく、西側からアプローチするのがポイントでした。

滝を間近で見られ満足する反面、ごいっしょ頂いた方がここに辿り着けたのかは気になるところです。
もし、まだアプローチできておらず、かつ、このブログをご覧になっておられましたら、川の西側よりアプローチください。

あと2つ行場があるとの事で、先ほど出会った公園より更に東側を目指します。
しかし、新たな分譲地が広がるだけで、山へアプローチできるポイントも無ければ、川らしきものもありません。

まあ、メインの滝も見られたので撤収します。
適当に南方向へ走っていくと神社が現れます。広田神社です。
このまま進むと、国道171号に吸収されるので、神戸へと帰るべく西へ針路を取ります。


後編の、「天竜の滝探訪後は、阪急神戸線の山側を辿ってJR六甲道駅」 へとつづく

  
関連記事
コメント
甲陽園の天龍の滝
ここは神仏がたくさん祀られ毎月護摩が焚かれたくさんの方がお参りにこられてたのですが
私も最近行ってびっくりマンションや住宅地になってました
2017/01/27(金) 10:30 | URL | かさぶらんか #-[ 編集]
Re:甲陽園の天龍の滝
コメントありがとうございます。

以前は人里離れた修行の場だったのでしょうね。
あのような立地にありながら、よく残っていると思います。
2017/01/27(金) 23:26 | URL | 自転車おやじ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク