FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2016 丹波路ツーリング(木の根橋>水分れ公園>民家の蕎麦屋>百毫寺)

2016年4月29日

CIMG3945.jpg

今日は折りたたみ自転車で丹波路ツーリングへ向かいます。 
福知山線の三田駅で友人と合流し、谷川駅で下車します。
この付近は丹波竜が発掘されたエリアで、駅前に恐竜の像がいます。

CIMG3930.jpg




まずは、福知山線の線路に沿って北上します。今日はGWの初日ながらやや肌寒い北風が吹きつけます。
雨が降っていないだけマシですが、アゲインストの風が続きます。

サミットのトンネルを抜け坂を駆け下りると、柏原(かいばら)の町です。

CIMG3936.jpg




まずはここへ。

CIMG3940_20160520215435dac.jpg




木の根橋です。

CIMG3943.jpg




ケヤキの木の根が川を横断し、対岸に根を拡げているいう珍しいスポットです。

CIMG3947_201605202154340b9.jpg




しかし、朝が早いためか誰も来ていません。説明のおっちゃんによると、木の横の橋がかつては土橋で、これに沿って根が伸びたのではと言われているそうです。
推定樹齢は1000年だとか。

ちなみに柏原の町を治めたのは織田信長の子孫にあたる織田家で、その頃にはこの木は既にあった筈とか。
その時代に根を伸ばし、今の形状になったのなら、歴史のつながりを感じますね。

ちなみに織田家は2万石の弱小大名だったそうです。

柏原の町を出て次のスポットへ向かいます。

やってきたのは、水別公園。

CIMG3949.jpg




ここは日本一標高の低いところにある中央分水嶺です。どういう事かと説明すると、水路をまっすぐ流れる水は加古川へと流れ瀬戸内海(太平洋側)へと流れますが、右方向へ分岐している水路の水は由良川へと流れ、日本海側へと流れるのです。

CIMG3951_20160520224853d09.jpg




通常、中央分水嶺は高い山の尾根などにあるのですが、ここは平地にあります。

CIMG3999_20160520225102833.jpg




仮に海水面が100mほど上昇すると、この付近が水没し本州が東と西に分かれます。

ちなみに町中の中央分水嶺としては、兵庫県の生野付近も通っていますが、標高はここよりもかなり高いです。

更に先を行きます。

田園地帯を抜け、黒井駅付近にやってきます。
本日の昼食ですが、黒井駅近くに蕎麦屋さんがあることを調べてきました。

ただ、駅前とか、幹線道路沿いではなく、集落の中にあるようなのです。
で、早速探索を開始します。

地図と線形の似た道路があり、そこへ入ります、ただ、道幅は車が1台通れる程度。ほんとにこの先にお店があるのか? といったシチュエーションです。今のところ飲食店のある気配は無いです。

地図ではかなり近づいたようですが、やはりそれらしき気配はありあせん。
ちょっと集落内を偵察してみます。すると角を曲がった先に、蕎麦屋さんらしき幟が。

これに沿って上っていきます。なんか町中オリエンテーションって感じで、集落内の道へ更に入っていきます。
しばらく行くとお店の駐車場が。でもお店はここではなく、更に先のようで、今度はやや狭目の道を下っていきます。

すると発見。

CIMG3963.jpg



フツーの民家です。

お庭に自転車を置かせて頂きます。

CIMG3965_201605221751455bd.jpg




中に入るとやはりフツーの民家の玄関で、靴を脱いで上がります。
人のおうちに来たようです。

ここで、三食蕎麦をオーダーします。

まずは、そばを揚げたのが出てきます。

CIMG3953_20160522213843c44.jpg




そして、そば。

CIMG3954.jpg




蕎麦は左から、二八そば、かわりそば、十割そばで、かわりそばは、しょうがなどが入っています。

こんな感じのシチュエーションで頂きました。

CIMG3960.jpg




蕎麦を頂いて、店の前の道を下ると、最初に集落へ入ってきたポイントに出ます。
車の誘導用の幟に沿って、ぐるりと遠回りをして辿りついていたようです。

そばのあとは、昨年発見した九尺ふじの隠れスポット、桂谷寺へ。

CIMG3970.jpg




人もいないのでラッキーと思い到着しますが、藤の方は全然です。
ちょっとしか咲いていないし、房のようになっていません。フツーの藤棚って感じです。
九尺フジというのは品種では無くて、育て方でできる完成系なのかもしれません。

ちなみに昨年は、こんな感じでした。

CIMG0664.jpg




白いのもありました。

CIMG0629.jpg




自転車に乗り慣れていない友人の事も考え、今日はここで引き返す予定でした。しかし、これでは・・
友人に、トータルで15kmぐらい延びるけど、百毫寺まで行くかを聞いてみます。

友人の意思は、GO。しかし、意思とは裏腹にアゲインストの風に全然進みません。

ようやく方向が変わり風の影響は少なくなりますが、今度はお寺に向かっての緩やかながら連続の上り坂となりやっぱりペースは上がりません。

ゆっくりながらも漕げば着くのが自転車の良いところで、ようやく百毫寺に到着します。
百毫寺は火野正平さんがとうちゃこされたところでもあります。

境内に入るとまず目に入るのは、 この橋です。    

CIMG3975.jpg




藤を鑑賞する前に本堂にお参りします。
しかし友人は疲れ切って到着したのか、本堂(お寺)にパンパンと柏手を打ちます・・・

で、お目当ての藤棚へ。

CIMG3979.jpg




うーん、去年とちょっと違います。
花の房の下の方、1/3程がまだ咲いていないです。ちょっと早かったか。

CIMG3985_20160522175829bc9.jpg




昨年はこんな感じでした。

CIMG0564.jpg




昨年は咲いていたカキツバタもツボミです。

その代わりといってはなんですが、今頃、紅葉しているかのような木があります。

CIMG3990.jpg




春に紅くなる木って何なのでしょうね。

七福神を眺め、帰路につきます。

CIMG3974.jpg




しかし距離的にはまだ半分です。帰路は桂谷寺に寄らないので、JRの線路沿いを行きます。
黒井駅付近では、線路を挟んで先ほどのそぼ屋さんとは反対側の集落の中を行きます。

町中に見事な藤棚を発見。

CIMG3998.jpg




ここは満開です。

友人はかなりお疲れの模様ですが先に進みます。
かなりへばってきているので、電車に乗れないか石生駅に寄りますが1時間以上電車は来ないので更に先へ進みます。

ゆっくり、ゆっくりと進み、柏原駅に着きます。
ここは特急が止まるので、20分後に列車があります。

友人の足を考えると、この先標高差が100m以上ある鐘ケ坂峠を越えるのは無理です。
ただ、私はもう少し走りたい。

そこで、特急の更に20分後に普通があるけど、普通で帰らないか聞いてみます。
返事は、OK。

という事で友人は柏原駅でゴール。私は更に鐘ケ坂峠を越えて篠山駅へと向かい、篠山駅で落ち合うことにします。
友人の乗る普通電車は篠山口駅行で、篠山口駅で乗り換えとなるので、その間に到着しようという魂胆です。
もし間に合わなっかった場合は、先に帰ってもらうという条件で。
時間は約1時間15分、標高差は130m、距離は15kmほどなので、小径車でも行けそうな気がします。

柏原駅を出ると鐘ケ坂峠に向かってスピードアップ! と行きたいところですが風やら車の多さからの歩道走行でペースが上がりません。

やがて峠に向けての長い上り坂に。

坂道の途中に ジャパン の物流センター跡らしきところがありますが、なかなか近づいてきません。で近くまで来ると稼働していないようです。

5kmぐらい上りが続き、ようやく平成のトンネルへ。以前だと昭和のトンネルへともっと上らなければならないところでした。

トンネル内は上り坂でしたが、抜けると下り基調に。

国道から旧道らしきところへと入り駆け下って行きます。

国道に吸収されると思いきや、結構続いています。

国道を突っ切った方が早いのでしょうが、車との軋轢が無いのでこっちを行きます。

やがて篠山川沿いとなり、丹南篠山ICまでやってくるともうすぐ。

16:50頃に篠山口駅に着きます。柏原駅から1時間ちょっとで到着です。ちょうど電車がホームに入ってくるのが見えます。この電車に友人が乗っているはずです。

自転車を収容しホームへ向かうと友人と再会。本日のツーリングは無事終了しました。


走行距離  69km


MAP




 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク