神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2016年 飛騨ツーリング 初日の後半編 (サルの軍団との遭遇 & 高根 ~ 日和田高原)

2016年9月24日

CIMG5547.jpg

2016年 飛騨ツーリング 初日の前半編 <<クリック

高根の集落を過ぎたところで、サルの軍団に行く手を阻まれます。 
 
迂回路もなく、どうしたものかを考えます。以前テレビで、危害を加えるサルの群れのボスザルを捕まえる番組をやっていましたが、この際はサルの移動ルート上に待ち伏せをして捕まえるという内容でした。サルというのは一日中、同じところでボーっとしているのではなく、毎日同じようなルートで餌を求めて移動しているようなのです。

ということは、このサルたちも移動するはず。5分ほどして行ってみます。橋を渡り、カーブを曲がると、

まだ居ました。なんか向こうも気づいた様子。慌てて、引き返します。

これが車なら楽勝でクリアーできるのですが、自転車だと途端に弱くなります。

また5分程待つと、対向車線を車がやってきます。ということは、サルの居るところを通過してきた筈。車にビックリして退散しているかも。

再度、行ってみます。路上にはサルの姿はありません。でも油断禁物。車を避けるために道路脇に退避しているだけかもしれません。

道路脇から、キーッとか言って飛び出しきたら、この登りでのノロノロではかわしようがありません。
道路の両脇や、道路横の崖の上などを注意しながら、慎重に行きます。

サルの居たエリアをそろそろ過ぎるかと思う頃、対向車線をド・ド・ドとエンジン音を轟かせたバイク軍団がすれ違っていきます。
この音にはサル軍団がいても退散するでしょう。バイクが頼もしく感じます。

バイクの通過と共に、道路も平坦基調となりスピードがアップします。これならある程度は逃げられます。
危険エリアは通過したようです。

サルの写真が撮れれば良かったのですが、さすがに余裕がありませんでした。

やがて野麦峠への分岐にやってきます。

CIMG5547.jpg




橋の上で写真を撮っているライダーがいたので、サルの緊張感から解き放たれた人恋しさからか話しかけ、写真を撮って頂きます。

CIMG5551.jpg




その先も川沿いの上り基調の道が延々と続きます。

サル騒動のロスタイムがあるので、先を急ぎます。が、ポツリと。バス停の小屋のようなところへ避難。

しばらく様子を見ますが、そんなに降る様子もないので、スタートします。
道路に沿う川も流れが細くなってきます。

CIMG5554.jpg




ここまで国道を辿ってきましたが、あるポイントより国道とは違ったルートが分岐しており、日和田高原へと続いています。
当初の予定ではこのルートへ入ろうと思っていました。

しかし、国道を走っていても車も少なく危険は感じませんし、別ロートに入れば車なんて全然来ないかもしれません。こんな山中の車も通らないような道だと、また何かの動物に遭遇するかもしれません。国道をそのまま行くことにします。ちなみに国道沿いも人家は殆どありません。

16:40頃、ようやく日和田高原への分岐にやってきます。

CIMG5557.jpg




日和田高原方面のルートに入ると、道路脇にグラウンドが現れます。

2011年の夏に来た際は高地トレーニング中の方が結構いたような記憶がありますが、9月下旬なのと夕方のせいか、ひっそりとしています。

CIMG5564_20161203172203423.jpg




更に少し登ると、日和田高原ロッジに到着。日が落ちる前に無事着きました。

標高は1380mまで上ってきました。久々野駅から600mほど標高を稼ぎました。

CIMG5567.jpg

(最高速度の表示はおかしいです。ロードでもこんなスピード出せません)



今日はどんよりと曇り、いつ雨が降るかもしれない予報でしたが、結局、雨には遭わずに辿り着けました。

ちなみに、ワイドビューひだの車内でお会いしたサイクリストのご夫婦は、犬山城で豪雨に遭ったそうで局地的には降っていたようです。

自転車を玄関に入れらせて頂き、お風呂に入りしばらくすると夕食です。

夕食へと100人ぐらいは入れる食堂に行くと・・・

CIMG5568_20161203172207566.jpg




なんと、

CIMG5569.jpg




1人です。

今日は土曜日なのに。お盆は毎年、満室で予約が取れなかったのに。

聞くと、夏の高地トレーニングのシーズンは満室だそうですが、もうシーズンが終わったそうです。

壁にはトレーニングに来た学生たちのプレートが多数かけられています。

CIMG5574.jpg




この壁だけではなく、他の壁にもたくさん掛けられています。

夕食を摂ると標高もあるため冷えてきます。

明日の天気予報を確認すると、あまり芳しくない予報。朝はもつかもしれないけど、昼からは雨に遭うかもしれないようです。
とは言え、今までたどり着けなかった遥かなる濁河温泉にアタック(大袈裟)の日。今日も天気予報が良い方に外れたので、明日も外れることを期待して布団に入ります。


本日の走行距離は、38.5km。


2日目の前半編へ <<クリック


MAP

 
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク