神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2016年 飛騨ツーリング 2日目の前半編 (白樺の日和田高原 ~ 濁河温泉)

2016年9月25日

CIMG5592.jpg


初日の後半編へ <<クリック

2日目の朝、外を見ると晴れています。 
朝食に食堂へと向かいます。食堂の前にもプレートがズラリ。

CIMG5571.jpg




今日も一人で朝食かと思いつつ入ると先客がいる様子。なんだ、他にお客さんいたんだと入ると、「これから、工事に行きますっ!」 って感じの作業着の方が3人。観光客ではありませんでした。

ちなみに20年ぐらい前に10月に北海道へ行き民宿に泊まったら、朝の食堂は作業服に水筒を持った工事関係者がずらりと並び、工事事務所で食事をしているようなシチュエーションになった事があります。

宿のおっちゃんにこの辺は熊がでるか聞くと、か~るく、「いるよ」とのご返事。
ゲッ! となっていると、「人が襲われたという話は聞かんから大丈夫やろ」 との事。ちょっと気になります。

宿を出発します。

CIMG5576.jpg




ちなみに私が泊ったのはセンターロッジという建屋で、他にコテージがあるようです。

CIMG5577_20161208231019321.jpg




宿の周りは白樺の森です。

CIMG5578_20161208231418a8e.jpg




しばらく、場所を変えては、MTBと白樺の写真を撮ります。

こんな光景のところまで、なかなか自転車では上がって来られないですからね。

CIMG5590.jpg




しかし、青空が美しいです。

今日の天気予報では昼から天気が崩れるようですので、グズグズしていられません。

濁河温泉に向け漕ぎ出します。

しかし、上りの連続でなかなか進みません。

乗鞍山方面が見える橋の上で止まります。

CIMG5597.jpg




多分、乗鞍山かなという山が見えますが、上の方は雲に隠れています。

先を急ぎます。人家は全くないのですが、チャオ御岳スキー場へのアプローチルートのためか2車線のしっかりした道路が続きます。

CIMG5602.jpg




濁河温泉まで10kmのところまで来ました。

CIMG5604.jpg




しばらく行くと乗鞍山方面の景色の開けたところに出ます。椅子を出して山の方に向いて座っている方がいます。

乗鞍山を眺めているのでしょうか。そこまでの絶景には見えないのですが。

CIMG5608_20161208232905459.jpg




聞くと、鷹が上ってくるのだと。上昇気流が発生しており、そこを利用して鷹が上空へと上がっていくのが見えるのだそうです。上昇気流の発生するところは決まっていて、同じルートで上がってくるのだそうです。

また上がってきたそうで場所を教えて頂きますが、私には見えません。視力の問題なのか、観察力の問題なのか?

西寄りに目線を向けると山が幾重にも連なってます。映画「君の名は」の舞台となった村落が潜んでそうな山深さです。

CIMG5610.jpg




チャオ御岳スキー場へやって来ます。コーヒーでも飲もうかと自販機を探しますが、なぜか1台もありません。シーズンオフなので閑散としており人気がありません。

更に上ります。

CIMG5612.jpg




またまた、景色の開けたところに出ます。

CIMG5616_20161209222625e0f.jpg




なんか、雲が近いです。

CIMG5617_2016120922262685a.jpg




高度を確認すると1800mを越えています。新記録です。

CIMG5623_20161209222629d78.jpg




そして見晴らしの良いところで、椅子に腰かけ、超望遠のカメラを構えた方がいます。

CIMG5619_20161209222627abf.jpg




やはり、鷹狙いだそうです。

この先でピークを越えたのか下りに転じます。

再び景色が開けます。

CIMG5629.jpg




ここも、どこまで山々が続くような光景です。

昨日の天気予報では昼から雨の予報でしたが、今のところ大丈夫そうです。

CIMG5634.jpg




車を停めて景色を見ていたカッブル(古い表現)にお願いしてシャッターを切って頂きます。

CIMG5640.jpg




コースはやがて森の中へ入っていきます。

CIMG5643.jpg




更に行くと、濁河温泉と飛騨小坂方面への分岐へ。

CIMG5647.jpg




濁河温泉まで、あと1kmのところまでやって来ました。

ここから上り返しとなり、しばらく行くと濁河温泉の入口に到着です。

CIMG5651.jpg




ここから温泉街?へと自転車を進めます。

CIMG5649_201612092236216e2.jpg



2日目の後半編へ <<クリック

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク