神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

B級グルメ & 鉄路を辿る輪行ツーリング (平福 ~ 美作 ~ 津山まなびの鉄道館 ~ 吉ヶ原 ~ 片鉄ロマン街道 ~ 日生) 前半編

2017年3月29日

CIMG7090.jpg


今日はKLEIN号を輪行して電車を乗り継ぎ、上郡駅までやってきます。 
CIMG7065.jpg




ここで智頭急行線に乗り換えます。普通列車ながら鳥取まで行く列車です。

1両編成ですが、車椅子用のスペースがあり固定用のベルトがあるので、このように輪行袋を固定して置けます。

CIMG7066.jpg




列車は普通ながら、ロスの少ないダイヤで快調に進み、平福駅へ。

CIMG7068_20170602212521826.jpg




ここで下車します。

立体交差が基本の智頭急行線ですが、ここの駅構内は踏切になっています。

CIMG7069_2017060221310700d.jpg




平福駅でKLEIN号を組み立てます。

CIMG7073.jpg




大きく立派な駅舎です。

CIMG7077_20170602213617080.jpg




平福は因幡街道の宿場町です。

CIMG7080.jpg




旧街道沿いの街並みを散策します。

ひな人形を飾ってある家も。

CIMG7083.jpg




日本中に、眠っているひな人形って、あるんでしょうね。

川の方へも行ってみます。

CIMG7086_20170602214056503.jpg




川に沿って道があります。

CIMG7100.jpg




なかなか風情のある町です。しかも、川の対岸のすぐ近くに平福駅があり、とても便利なロケーションです。しかし、列車の利用者は少ないようです。

あまり長居するとサイクリングの時間が圧迫されるので、スタートします。

いきなり、こんな案内板が現れます。

CIMG7104.jpg




気になりますが、ここは通過します。

序盤は中国道に沿うように西へと向かいます。

今日の予定ルートですが、まずは津山をめざし、津山でホルモン焼うどんを食べようと考えています。

道は激坂は無いのですが、微妙なアップダウンを繰り返し、想定以上に時間がかかります。

途中、立派な屋敷があります。

CIMG7108.jpg




お寺ではないようです。昔の庄屋さんでしょうか。

更に行くと、道路脇に公衆トイレが見えたのでピットイン。

出てきて良く見ると、道路挟んだ反対側がJR姫新線の楢原駅となっており、駅用のトイレのようです。

CIMG7109.jpg




駅を出発すると、更に西へ。

でも、津山はまだ遠そうです。

やや、町が開けたところにやって来ると、「ホルモン焼うどん 焼そば」の看板のあるお店が現れます。

CIMG7118.jpg




ホルモン焼うどんもやっているようです。

・でもここは津山ではないみたい。

・時間は既に 11:30 で、津山にお昼に着くのは難しそう。

・この店に入るのは、ちょっと勇気が要りそう。

・でも、津山でもなく、町の中心でも無さそうなこのようなロケーションでやっているからには、それなりのレベルのお店なのでは。

CIMG7115.jpg




いろいろ考え、入るか、津山を目指すか逡巡します。

でも、先日、淡路島へ行った際に入ったお好み焼き屋さんも、鉄板を挟んでおばちゃんといろいろな話ができ、なかなか良かったことを思い出します。

津山のお店は混んでいるかもしれないし、などと理由を考え、入ってみます。

店の真ん中に、でっかい鉄板があり、その周りを丸い椅子が数脚取り囲むように置いてあります。

先客はおらず、店内は薄暗く誰もいませんが、奥の部屋のテレビはついているようです。

やがて、お店のおばあちゃんが出てきます。ホルモン焼きうんどんをオーダーします。

ホルモンを炒めるおばあちゃんと、鉄板の台を挟んで向き合って座っています。店内は2人だけ。

微妙な空気の中、どこから来たのかを聞かれ、「神戸から」と答えると、

「60年前に神戸で働いとったんよ。六甲道で。須磨の水族館とかにも当時の彼氏と行った」 と急に話が膨らみ始めます。

ちなみに、私も最初の配属地は六甲道。「でも、60年前はまだ生まれていないなあ」。

須磨の水族館は実家のすぐ近所。「60年も前からあったのか」 などと思いながら話を聞きます。

やがて、ホルモンの上に野菜が投じられますが、なんか凄い量。ホルモンが見えなくなってしまいます。

ここは岡山国際サーキットから、そこそこ近いのですが、そこへやってきたお客さんが来店した際にどこに泊まるのか聞いたら「車の中」 との回答だったので、じゃあ泊まって行けばとお客さんを泊めた事もあるのだとか。

それ以来、そのお客さんとは交流が続いており、名産物を送りあったりもしているのだとか。

そんな会話をしているうちに、ホルモン焼うどんが出来上がります。

CIMG7111_20170602214625d20.jpg




やはりボリュームたっぷりです。

野菜はご主人が趣味で栽培されているのを使っているとの事で、そのおかげでボリュームたっぷりなのだとか。

津山のお店では、こんなにボリュームが無いそうです。

おばあさんは、鳥取の出身らしいのですが、鉄板焼き屋をやっているおかげで、いろんな人と話ができてありがたい、鳥取で百姓をしていたら、いろんなに人に会う事なんてないからね といろいろお話頂けました。

やがて電話が鳴り、電話の主はお店の混み具合を確認している様子。

しばらくすると、スーツ姿の方が2名現れます。

SNSの評価につられてやって来たのでしょうか。

味が良ければ、SNSの発達した今日では、どこへでもお客さんはやってくるようです。

ホルモン焼うどんは津山で、と思っていましたが、美作で穴場を発見しました。

お腹も膨れたので、津山を目指します。
  

津山まなびの鉄道館編へ <クリック
 

前半編のMAP


 
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク