神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

隠岐の島 輪行ツーリング(知夫里島 ~ 西ノ島 ~ 島後) 3日目 島後の東海岸編

2017年5月5日

CIMG8287.jpg


2日目 島後の西海岸編へ <クリック

今日は島後の東半分を海岸線に沿って周回し、島の南側の西郷港を目指します。 

帰りの船の時間は15:10ですが、昼食を摂ったり、お土産を買ったりしたいし、トラブルがあった場合の余裕時間も確保したいので、13頃までには港に着くスケジュールで巡りたいところです。

よって、早い時間で朝食をお願いし、7:15頃に民宿を出発します。

CIMG8246_20170715193417479.jpg




現在は島の北の方の内陸にいますが、島の北側の海岸線へ出るために、まず峠を越える必要があります。

この峠、200mほどありますが、道が整備されており一定の勾配で上っているので、ゆっくりながら確実にクランクを回すと、そう苦労することもなくピークを越えます。

島の北側へと向かう下りに入りますが、途中に白鳥崎への分岐があり、1kmほどようなので行ってみます。

が、ずっと上り。距離の割になかなか着きません。ようやく駐車場に辿り着きます。

しかし、白鳥崎はここから更に遊歩道を1.7km歩いた先にあります。

CIMG8252.jpg




今日は船の時間というリミットがあるので、深追い?は、止めておきます。この付近の海岸線の風景を撮って引き返します。

CIMG8255.jpg




こんな標識があります。ここは国境の島でもあるんですね。

CIMG8251_20170715193419e4c.jpg




先ほどの分岐まで下り、更に北方向に向かって下降を続けます。やがて道は中村の集落に入ります。

CIMG8260.jpg




なんかレトロなお店です。離島へ渡るとこのようなお店や建物との遭遇という楽しみもあります。

中村小学校には、「踊る水木しげるブロンズ像」 があります。

CIMG8261_20170715193550972.jpg




水木さんは、自らのルーツは隠岐の島の武良にあるのではと考えているそうです。西郷港にあった鬼太郎の像もその関係で設置されたようです。

隣には樹齢500年の松があります。

CIMG8263_2017071519355281a.jpg




ここからは海岸沿いを期待しますが、山越えのコースに入ります。

島の東側の道も西側と同じく、川があるところでは集落が開け、次の集落までは海沿いに道がつけられないので山越え、そして集落では海面近くまで下降を繰り返す道が続きますが、山越えの部分にトンネルが掘られており、場所によっては海面近くの標高から長いトンネルで抜けているところもあります。

海が見えるスポットでは、相変わらずレベルの高い風景が続きます。

CIMG8266.jpg




また、わずかな土地を活用しての棚田もあります。

CIMG8270.jpg




今日は曇り空だったのですが、晴れてきました。

CIMG8273.jpg




晴れると景色が鮮やかな彩を放ちます。

そしていくつ目かのトンネルでトンネルの脇に旧道があったので入ってみます。

旧道には車が止まっています。海側を見ると急な崖ですが、とあるポイントからロープが下がっています。
車の主はここから下りて行ったのでしょうか。

しばらくすると、上ってくるらしき人の息遣いが聞こえてきます。

で、上がって来られました。

CIMG8278.jpg




この下は釣りのスポットらしく凄く釣れるそうです。

でも重たいので、一番大きな魚のみ持って上がってきたとのこと。

CIMG8277_20170717083514fab.jpg




こんな魚の釣れるところで釣りをしてみたいものです。スポットだけは覚えました! でも、来るのが遠すぎです。

いろいろお話を聞かせて頂き、ツーリングを再開します。

すぐ先にはこんな隧道が。

CIMG8275_20170715194328131.jpg




旧道の隧道ですが、ここは残されています。

モルタルで固められていますが、元は素掘り隧道だったのではと思われます。

CIMG8280_20170717083752b5f.jpg




隧道を抜けるとビューポイントです。

CIMG8282_2017071708375430f.jpg




黒島というポイントにやってきます。

CIMG8305_20170717085157aff.jpg




海辺に下りられるので、行ってみます。

CIMG8303.jpg




相変わらず、際どいところを好むメンバーがいます。

CIMG8295.jpg




海辺まで下ると、こんな岩場になっていました。

CIMG8301.jpg




それにしても、水がキレイです。

CIMG8300_2017071710081891e.jpg




アップダウンの道を更に進むと、集落が現れ、佐々木住宅 というのがあります。

CIMG8307.jpg




1級建築士のT氏は興味津々で、入場料を払って中へ消えて行きました。

CIMG8308.jpg




専門の違うK氏と私は休憩しつつ外で待ちます。

バスで団体さんがやってきたりします。観光スポットのようです。

屋根は、このような構造です。

CIMG8313.jpg




15分ほどして満足げなT氏が出てきました。

佐々木住宅を出発するとコースはまたも上りです。

やがて道は真新しい2車線の一直線の道となります。まっすぐに付け替えたような新しい道です。

これを越えれば港までに大きな坂はもうないはずです。

最後の坂 とばかりがんばって踏んで、サミットに立ちます。

が、T氏がやって来ない。

引き返して下っていくと何やら作業中です。

CIMG8314.jpg




なんと、最後の最後になって、またプーリーが外れたとの事。

しかも、今度はプーリーが無い!

トラブルの写真が撮れたと喜んでいる場合ではありません。

二人で、上ってきたであろうコースをくまなく探します。

これはマズイです。

ここから港までサミットはないとはいえ、まだ数キロはあるはず。この坂を下り切ると平地中心なのでプーリーが無ければ押しになるはず。

うーん、船に間に合うだろうか? 押した場合、5km/hぐらいとして、5kmで1時間か。5km以上あるのかな。

ロープでつないで引っ張れば、平地なら歩くよりは早そうだけど、車の通る公道では危ないよな。

いろいろ考えがよぎります。

が、今回も奇跡的にプーリーを発見!

早速、取り付けます。

CIMG8315.jpg




もう、外れるなよ! と祈りたくなります。

坂を駆け下りると海沿いのコースになります。

20170505001.jpg




こんなコースを当たり前のように走ってきた3日間でしたが、もうお別れかもしれません。

そして標識に従いちょっと上ってトンネルを抜けると、西郷港へ。

ゴールです。着いてみれば、12:45。余裕を持ってのゴールでした。

ここで西ノ島で同じ民宿に泊まっていた一人旅のお姉さんに出会ったので声をかけますが、素っ気ない反応でした。もう忘れたのかな。東京から来られたそうです。

終わっていれば、プーリー事件はありましたが、天候に恵まれ最高なコンディションでのツーリングでした。

隠岐汽船のフェリーくにが に乗り込み、隠岐の島ツーリングは無事、終了しました。


走行距離  44km


MAP



  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク