神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

トラブルも乗り越え、淡路島 尾根ツーリングへ

2017年6月24日

CIMG8614.jpg


今日はK山さんと、淡路島ツーリングです。コースはリクエストにより尾根コースです。 
家の近所の交差点で待ち合わせをし、明石までいっしょに走ります。

ジェノバラインは、7:30の便で岩屋へと渡ります。

CIMG8596.jpg




岩屋からは明石SAの横や上を通過するルートで標高を稼ぎます。そして、淡路ハイウェイオアシスのC-3駐車場へやってきます。
ハイウェイオアシスは、高速外からも自由に出入りができるのです。

そして、この駐車場を選んだのは、あじさいの谷が近いためです。ハイウェイオアシスは非常に広いため、高速道路の駐車場に車を置いて歩いてやって来ると、15~20分ぐらいかかります。

しかし、C-3駐車場だとすぐにこんな光景が見られます。

CIMG8606.jpg





いろんなアジサイが咲いています。

CIMG8600_20170819130249a3c.jpg




でも、以前のような個性的なアジサイが減ったような。

CIMG8599_20170819130251a4f.jpg




手入れが行き届いていないのか、はたまた、変わったアジサイは根づかず、在来品種のアジサイのみ生き残ったのかは不明ですが、平凡なアジサイ園になったという印象です。

CIMG8609_20170819130254558.jpg




ちなみに、他にアジサイを愛でている人もおらず、我々おっさん2人だけです。

駐車場へ戻り、ツーリングを再開します。

淡路はなさじきへと向かう県道に合流し、上りをダンシングで上って行きます。

が、ケータイが鳴り、振り返るとK山さんがいません。

しばらく待ちますがやって来ないので、引き返します。

なんと、チェーンが切れています。

チェーンカッターはなく、あっても直し方がわかりません。

スマホで岩屋周辺のサイクルショップを探しますが、この付近には無いもよう。

現在地は、はなさじきへの上りの途中なので、岩屋までは漕げなくても戻れます。

岩屋港までも、どうにか戻れるでしょう。しかし、船に乗って明石に戻ればツーリングは終了です。

そんなとき、先日知り合ったTさんの話を思い出します。
淡路島へ渡ったところでタイヤがバーストして困ったが、淡路警察の隣のローディーが集うカフェに相談したところ、中古ながらタイヤが手に入ったとの事を。
ちなみに、この件があり時間をロスしたので、後からやってきた私に知り合ったという偶然もありました。

早速スマホで検索し、電話してみます。結果は、対応可能との事。
ラッキーな事に、位置エネルギーだけですぐ近くまで下れ、2,3分押してカフェに到着。

その名は、バイカーズ カフェ・Circolo(チルコロ)

CIMG8610.jpg




カフェは朝から繁盛しており、注文の途切れたタイミングで対応して頂きます。

CIMG8616.jpg




聞くと、岩屋にプロショップが無いので対応されているそうです。

無事、修理も完了しますが、チェーンを交換したわけではなく、短くなっているので、帰ったらすぐに交換するように言われます。
須磨のTREKショップでやってくれるかな という話をしていると、ベラーテへ行ってあげてとのコメントを頂きます。

須磨にあるクロモリのオーダーのショップで、オーナーの話好きの件で話が盛り上がります。

尾根コースへの復帰をもくろみますが、同じコースを上るのは気が進みません。

そこで東浦まで国道で行き、そこから尾根コースへとりつくルートで行く事にします。

どんどん上って行き、かなり上ったところで淡路道をくぐります。この付近の淡路の高速は、標高200m付近を通っています。

そして予定コースに復帰。細い道をつなぎ合わせた淡路島北部の丘陵地帯を行くルートです。

かなり標高がありますが、田んぼがあります。

CIMG8620_2017081913070411e.jpg




平地の少ない淡路島北部は、かなり上の方まで開墾されています。

CIMG8627.jpg




また、青々とした棚田も見えます。

CIMG8630.jpg




海沿いも良いですが、山の淡路も好きです。

K山さんはヒヤリ隧道へ行ったことがないので案内します。

CIMG8631_201708191316001bf.jpg




ヒヤリ隧道からは、東海岸側へ下る極細の県道を辿ります。

やがて峠が見えてきます。

CIMG8636.jpg




なんか絵になる光景です。

CIMG8638.jpg




この先、車一台分のルートが続きます。路面には石が多数落ちており油断なりません。慎重に下ります。

なかなかアドベンチャーなルートです。

ようやく集落に辿り着き、道路も幅が拡がり、2車線の道となります。

そして海辺からの県道と合流。その合流ポイントすぐの淡路島牛丼のあるお店にあたりをつけていたので向かいます。

が、シャッターが下りています。

CIMG8639.jpg




そして貼り紙が!

kanyan-harigami.jpg




なんと店じまいされたようです。残念!

ここからは丘陵コースで郡家に向かいます。まずはここへ案内します。

CIMG8641_20170819132557ee5.jpg




自家用隧道のようなのですが、何度来ても凄いです。

CIMG8643_20170819132559b92.jpg




掘っているときの写真とかあれば、見てみたいものです。

ここからは、棚田地帯を駆け抜けて行きます。

CIMG8645_2017081913260099d.jpg




郡家からは西海岸を北上し、北淡ICの近くにあるお店へ。

前回は満席で入れなかったのですが、今日は結果的にランチタイムから外れたこともあり席にありつけました。

そして頂いたのが、これ。

CIMG8651_20170819132602755.jpg




淡路牛のステーキ丼です!

超満足です!

あとは岩屋へと走り、須磨まで走ってフィニッシュ。

トラブルもありましたが、ほぼ予定通り走れました。

これも、バイカーズ カフェ・Circolo(チルコロ)のおかげ、そして、その存在を教えてくれたTさんのおかげです。


本日の走行距離  110km


MAP




 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク