神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2017東北旅行 2日目 (肘折温泉~川原毛地獄~小安峡~抱返り渓谷~田沢湖高原)

2017年8月3日

CIMG8874.jpg


2017東北旅行 1日目 (仙台空港~蔵王のお釜~肘折温泉)へ <<クリック

東北旅行2日目の朝は、山形県の肘折温泉で目覚めます。 
温泉宿の朝はゆっくりで、朝食は8時からなので、散歩にでかけます。

朝市をやっています。朝市を開いている時間帯は車は通れないので、朝早くに出発するのは難しいようです。

CIMG8838.jpg




温泉街を外れると源泉らしきところがあります。

CIMG8844.jpg




なんか熱そうです。

CIMG8847.jpg




宿に戻って朝食を頂いたあと、ループ橋を上って温泉街を後にします。

CIMG8854_20170904225349bf9.jpg




肘折温泉の遠望です。

CIMG8857.jpg




今日はここから新庄方向へ麓まで折りたたみ自転車で駆け下り、山形ツーリングを楽しむ予定でした。

しかし、ホイールの振れた自転車で下り続けるのはちょっと怖いです。

山中なのでトラブルが発生しても、携帯の電波が届かず嫁さんに救援を頼めない可能性もあります。

よって、おとなしく車で下ります。

ちなみに私のマイルールでは、スポーツ自転車で10km以上走った県はツーリング経験アリとなるのですが、残念ながら山形県はクリアできなまま車で北上します。


やがて車は秋田県に入り、須川から山間部に入ります。

そしてやって来たのは、ここ。

CIMG8864_20170905204229bdc.jpg




この先、草も木も生えない真っ白な世界が拡がります。

CIMG8865.jpg




ここは河原毛地獄です。日本3大地獄と紹介するサイトもあるようです。

まるで雪が積もっているよですが、陰が無いので直射日光が容赦なく降り注ぎ暑いです。

CIMG8876_20170905204235223.jpg




ガスが噴出しているらしきところも見えます。

CIMG8867.jpg




そして、ここからは本当の地獄のようで、立ち入り禁止です。

CIMG8869_2017090520423369a.jpg




しかし、見事な風景です。

希少な景観ですが、あまりにも来るのが大変なところにあるので、人はまばらです。

真っ白な道を引き返し、駐車場へ戻ります。

CIMG8878_20170905204547231.jpg




車に戻ると木地山高原を経由し、小安峡へ。

谷の中腹を行く国道と谷底は、高低差が60mほどあるのですが、ここも珍しい光景のようなので下って行きます。

谷底へ降りると川沿いに遊歩道が続きますが、そこへ吹き付けるように湯気が噴き出しています。

CIMG8884.jpg




近づいてみると、湯気というレベルではなく、蒸気の噴射です。

CIMG8889_201709052049488cc.jpg




冷気の流れる渓谷なのですが、ここは暑いです。

ここも珍しいスポットなのですが、人はまばらです。もっと人が来ても良さそうですが、国道沿いとはいえアプローチが厳しい立地です。

なんとなく上を見ると谷を跨ぐ橋が見えます。ちょうど蒸気が噴出しているエリアの上の辺りです。

あそこから眺めてみたい衝動に駆られます。急いで上へと上り返します。

谷底から上り返すのが嫌で上で待っていた嫁さんと橋へと向かいます。

橋の上から見ると、遊歩道に向けて蒸気が噴射されているのがよく見えます。

CIMG8891_201709052049490cc.jpg




さっきはあそこを通ってきました。

暑いはずです。

ちなみに、このような谷底にあります。

CIMG8897_20170905204950824.jpg




小安渓谷を後にします。

昼食はそばを頂きます。

CIMG8898.jpg




小安渓谷からは、再び北上を開始。

ただ、国道は極力通らず、“みずほの里ロード”という道を行きます。この道、地方道のようですが2車線で結構な距離をつないでいます。信号が無いのでどんどん進みます。ちなみにGoogleのナビもこの道を案内します。このルート、お勧めです。

“みずほの里ロード”を抜けると、そこは武家屋敷で有名な角館町。しかし、角館には向かわず、やって来たのは抱返り渓谷。

ここは川の水がエメラルドグリーンで有名なようです。

CIMG8903.jpg




抱返り渓谷の名称の由来は、「地形が非常に急峻で狭隘なために、人がすれ違うときに、互いを抱き合って振り返ったこと」に因むそうです。

現在、山腹には軌道跡の遊歩道がついており、楽々と辿れます。

CIMG8905.jpg




支流の谷は吊り橋で楽々と渡ります。

CIMG8908.jpg




橋の上からは、エメラルドグリーンの川がよく見えます。

CIMG8909.jpg




そして前方にはこの穴。

CIMG8911_20170905205327a73.jpg




素掘りの隧道です。

CIMG8915.jpg




隧道を抜けても遊歩道は続いておりこの先には滝があるようですが、夕方の時間帯になってきたので、深追いは止めて引き返します。

再び車を走らせ、やってきたのは田沢湖高原の、ロッジ アイリス。

CIMG8921.jpg




玄関横には、このようなテラスも。

CIMG8928_2017090521001531a.jpg




外観は年季が入っているようにも見えますが、中は奇麗で、部屋は快適な新館です。

お風呂は温泉で、露天風呂もあります。

そして料理。

CIMG8922_20170905210019f70.jpg




これに、天ぷらや、刺し身が加わります。

CIMG8923_2017090521015738d.jpg




デザートで終了。

CIMG8925.jpg




満腹です。

CIMG8926.jpg




今日の自転車での走行距離は、0km。

明日こそ乗るぞ!


2017東北旅行 3日目 (田沢湖~八幡平~松尾鉱山跡(高原の軍艦島)~平庭高原)へ <<クリック


#肘折温泉 #川原毛地獄 #小安峡 #抱返り渓谷 #田沢湖高原 #ロッジアイリス

  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク