FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2018 MTBで、さくらまつりへ 鬼の架け橋へ

2018年4月7日

20180407kanegasaka1.jpg


鐘ヶ坂トンネルを越えたパーキングに、MTB持参のおっさん3人が集合します。 
メンバーは、関西のMTB界の教祖S川さんと、その盟友であるS藤さんです。

今日は柏原(兵庫県丹波市)のさくらまつりがあり、これに合わせてやって来ました。
そして祭りの日に合わせ、鐘ヶ坂にある明治、昭和の2トンネルが解放されます。ちなみに現在は平成のトンネルが供用されています。

肝心の桜の方ですが、昨晩の嵐で見事に吹っ飛んで、ちょこっとだけ残っている状況です。

CIMG1283a.jpg




この祭りは今年で3回目の訪問になりますが、満開だったことはまだ一度もないです。

まずは昭和のトンネルを目指します。

と言っても、あっという間に到着。

CIMG1199.jpg




もちろん、真っ暗です。

CIMG1200_20180502003630b9c.jpg




数年前まで供用されていたので、照明の消えたフツーのトンネルって感じです。

昭和のトンネルを篠山側に抜けると、今度は明治の隧道に向けて上ります。

未舗装の路面にロードらしき轍がついています。

路面の水分が増し両側から山が迫った状態でカーブすると坑口が現れます。

CIMG1201_2018050513284598c.jpg





ここでさっそく、おっさん3人がトンネルを出入りする写真や動画を撮ります。

CIMG1213_20180505132844f6b.jpg




どうして、こんなに隧道ではしゃぐのか、その心理構造は不明です。

古ぼけたレンガ隧道ですが、かつてはここをバスが通っていたそうです。

今の坑口のサイズ通れる筈はなく、現役時代は下に掘り下げられ縦長の釣鐘型をしていたそうです。

そして昭和のトンネルができて使われなくなってからは、内部に水がたまり廃隧道にありがちな不気味な末路になっていたとか。

しかし、レンガ積み工法のトンネルとしては日本最古という貴重な隧道でかつ、落盤なども無く状態も良いことから再度整備され、公開もされるようになったようです。

内部は照明が配置されています。

CIMG1216.jpg





反対側の坑口に出ます。

CIMG1224_20180505132848e3b.jpg





こちらの坑口はあっさりとしたデザインです。

昨年はこの付近で神戸新聞の記者にお会いし、丹波版に写真が載りました。

今日は桜も散り、天気も芳しくないことから、閑散としています。

隧道見学の後は、鬼の架け橋を目指します。

まずは、MTBを押して隧道の上にある峠まで上ります。

峠からは尾根道を辿り、鬼の架け橋へ。

早速、上りつく人がいます。

CIMG1234.jpg




上に乗っている本人はそう怖くないそうです。下から見ている私の方が早く下りて欲しくなります。

とはいえ、上がどうなっているのか興味があり、私も上ります。

CIMG1245.jpg




S川さんがMTBを上げてくれたので、いっしょに写ります。

CIMG1247.jpg




岩場の際どいところに花が咲いています。

教祖は木一本に身を預け写真を撮っています。

CIMG1257.jpg




見ている方が恐ろしいです。

鬼の架け橋を満喫し、帰路につきます。

隣の金山の山頂に座るのにちょうど良い木があり、ここで昼食にします。

20180407kanegasaka6.jpg





ここからは、一部激下りがあるものの、そこそこ乗れます。

20180407kanegasaka8.jpg




写真を撮りあったりしながら下ります。

20180407kanegasaka3.jpg




真横から撮るとこんな感じです。

20180407kanegasaka7.jpg




杉の植林地も下り、

20180407kanegasaka4.jpg




やがて隧道上の峠まで戻ってきます。

ここからは道が急になりますが、そこそこ乗って下れます。

明治隧道へのアプローチ路に下り立ち、さくらまつりの会場に戻ります。

祭りの会場では、お好み焼きや、焼きそばが売られているのですが、いつもは我々が下山してくる頃には売り切れています。しかし、今年は天候のせいか、まだありました。

3年目にして初めてありつきます。

CIMG1281.jpg




山芋がたっぷりとはいっているのか粘りがあり、おいしく頂きます。

お好み焼きの後は、抹茶&和菓子のコーナーへ。

もう店じまい中でしたが、S川さんのオーラで片づけていた椅子が出され営業が再開されます。

CIMG1285_20180505135006464.jpg




満開の桜の下でこれを頂くと、とても風流だろうなとおもいつつ頂きます。

このコーナーの近くには、数輪、花が残っておりました。

CIMG1282_2018050513500533a.jpg




風流を楽しんだあとはMTBを片付けて撤収。

と、ここでI本さんがロードで現れます。落車で骨折され、つい最近、自転車を復活されたはずですが、もう50kmも離れたここまでやって来られました。やっぱり鉄人です。(実際にはチタンが入ってるそうです)

元気なお姿を拝見し、解散となりました。

   
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク