FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

ロードで神戸から浜坂へ (1日目 神戸~城崎編)

2018年9月22日

20180922-004.jpg


年に1回、限界にチャレンジするサイスポの企画”俺チャレ”。編集長が変わってから見かけなくなりましたが、影響されやすい読者の私は今年のチャレンジとして、須磨から城崎へのチャレンジを敢行します。 
家を6時過ぎに出発し、明石のTさん宅を目指します。

ただ思うように進みません。まず、サドルの後ろに突き出した細長いサドルバック。
なんかパワーが吸い取られているような・・・

pania_bag.jpg




それと、レインウエア。雨は降っていませんが、路面は濡れています。
出発前まで降っていたのです。
スレスレで雨が上がり、スタートできたのです。
でも、雨雲レーダーでは西の方に雲がポツポツとあり、これが東へ向かうので油断できません。
9時ぐらいまでは、雨を覚悟のスタートです。

7時前に明石でTさんと合流し、国道2号を西へと向かい、土山で北上を開始します。

権現ダムの横を経由し、北条鉄道の法華口駅へ。

朝が早いためか、閑散としています。
カメラはレインカバーをかけたバッグの中にあり、取り出すのがおっくうで、序盤は写真がありません。

法華口駅といえば、立ち姿の美しかった駅長さん、どうされているのでしょうね。

更に走って、姫路と福崎の間辺りで、市川沿いの谷に出て、東岸を北上します。

CIMG2459_201809301803402cb.jpg




このコースを行く際に、いつもみかける酒屋さんで小休止。

この付近まで来ると雨の心配もなくなり、防水のウインドブレーカーを脱ぎましたが、外側は濡れていないのに、中側はビッチョリ。もちろん、とても暑かったです。このサウナ状態の走行でかなり消耗したかも。

福崎からは播但線沿いのコースで北上します。

20180922-003.jpg




新野で水車ポイントへ。

CIMG2467.jpg




今日は景気よく回っています。


20180922-005.jpg




時期によっては外されているんですよね。

周りには彼岸花も咲いていて、秋って感じです。

CIMG2466.jpg




寺前駅でトイレ休憩を取り、生野に向けての上り区間に入ります。

長谷までは勾配も緩いので、追い風ならサラッと走れるのですが、向かい風とサドルバッグのせいか、走りが重たいというか走りが渋いです。

長谷から先は勾配が増しますが、とはいえ、播但線が並行しており鉄道が上っていけるレベルの勾配なので、えっちら、おっちら上って行きます。


20180922-009.jpg 



ちなみに播但線沿いの道路はメインのルートではないので、車は少なく、信号は一切無しで走りやすいです。

20180922-004.jpg




生野の町の手前の工場が見え、谷が広がると生野の町です。

生野駅に到着です。

CIMG2470_20180930180344d06.jpg




時間は12:30。家を6時過ぎにスタートしたので、6時間半弱かかりました。
想定より、30分遅れかな。

昼食は、駅近くのログログさんへ。

CIMG2482_2018100123053599c.jpg




生野の名物に育てようとしている? ハヤシライスをオーダーします。

CIMG2478.jpg




具がたっぶり入っていて、なかなかいけます。

CIMG2479.jpg




ここで、生野に到着した旨をFBにアップしたところ、生野在住のSさんが、わざわざ、ご挨拶に来てくれました。
ありがとうございます。

お店は線路沿いにあるので、播但線を行き交う列車が見えます。

CIMG2481.jpg




昼食後は生野峠を越えて和田山への下りになります。

和田山に向かって爆走、といきたいところですが、勾配が緩くなるとスピードに乗りません。

やっぱり逆風(といっても大した風ではないのですが)とバッグが・・

天空の城で有名な竹田にやって来ます。

竹田城跡のある山を見上げますが、下からではよくわからないです。

CIMG2483.jpg




竹田からは国道を離れ、播但線沿いの旧道を行きます。

CIMG2484.jpg




和田山駅を通過し、円山川沿いを行きます。
国道、右岸線の県道ともに車が多そうなので、堤防上の道を行きます。

ところが堤防道路、しばらく行くと砂利道になったり、通行止めになったりで、そのたびに堤防を下りて町中ルートに迂回します。

こんなことが2,3回あり、結局右岸線へ。

右岸線は車が多い印象がありましたが、無料の高速が延伸されたためか、3連休にもかかわらず思ったよりは車が少ないです。

八鹿の先で左岸の国道へ移り北上中に、GPSナビの充電が終了しお亡くなりに。この先で、また左岸に戻るのですが、これでは渡るポイントがわからない!

GPSナビに入力してきたルートを参考に走っているのですが、この肝心なときに!  
でも、朝6時に出発し、今は15時ぐらい。電源ONから9時間経過しています。普通のツーリングは9時間も走ることはないので、それぐらいしかもたない設計なのでしょう。

と、ここで、Tさんからモバイルバッテリーが提供されます。
荷物を少しでも軽くしたいツーリングで、よくぞ持ってきてくれていました。
これで、GPSナビも復活です。

この付近で、T西さんから「どの付近まで来ているのか」の確認のメッセージが入ります。
今回はT西さんも参加しており、浜坂から走ってきて玄武洞で待ち合わせし、城崎でいっしょに泊まる予定なのです。

江原の先で左岸へ渡ります。

右岸を並走してきた高速道路が江原付近で終わっておリ、この先の国道は車が増える可能性が高いためです。

円山川沿いの道路を行きますが、堤防などに視界は阻まれ見通しは効きません。

ただ、彼岸花がずっと咲いているのが見えます。

CIMG2486.jpg




ひたすらクランクを回します。

20180922-010.jpg




出石川を渡り、赤い橋が見えてきた辺りで、再びT西さんより現在地の確認が入ります。
しかし、現在地がうまく表現できない。
そこで、道路と道路標識の写真を送ります。
わかってくれたかな?

赤い橋から先は、堤防上のルートを行きます。
車が通れないので、快適です。

やがて、京都丹後鉄道(いつの間にか名称が変わったようです)の円山川を渡る立派な鉄橋が見えてきます。
ただ、線路と堤防の高さが同じレベル。踏切らしきものは見えないので線路を渡れないようなので、一般道に戻ります。

円山川に沿って北上していくと、玄武洞スポーツ公園が現れます。
ただ、我々の走ってきたは道はここで行き止まりに。

離れたところを並走する県道に移る必要がありますが、ここで手抜きをして農道でショートカットしようとすると、電蝕柵で行き止まり。本気モードの電蝕柵で跨げるようなレベルではありません。

引き返して別の農道へ。しかし今度は県道手前で県道への出入り口がロープでぐるぐる巻きに閉鎖されています。

でっかいサドルバックのついたロードを担ぎ上げて脱出。

玄武洞スポーツ公園へ農道でショートカットする車対策でしょうか。

この柵や閉鎖部分を写真に撮れば良かったのですが、そのような気力がなくなっているようです。

やがて玄武洞に到着し、T西さんと合流。
想定より、約1時間遅れでした。

せっかくなので、おっさんトリオで玄武洞の見学に向かいます。

CIMG2491_20181006172103c96.jpg




玄武洞の前の道路は何度か通過していますが、玄武洞の見学は初めてです。

CIMG2492.jpg




玄武洞の前で生演奏をやっています。

CIMG2496_20181006172106142.jpg




今日は予行演習だそうですが、ラッキーでした。

少し先に青龍洞という別の見どころがあるとのことで、行ってみます。

CIMG2499.jpg




ここもなかなかの光景です。

CIMG2500.jpg




来てよかったです。ちなみに玄武洞は無料で見学でいます。

3人揃ったところでラストスパート。

いつのまにかアゲインストの風も収まり、城崎温泉に向けて快走します。

17:50、城崎温泉駅にゴール。

CIMG2502_201810061721091f8.jpg




ここまで、165km。6時過ぎに家を出発したので12時間近くかかってます。

かかり過ぎ!

駅前で写真を撮ると、今日の宿へ。

我々の宿は温泉街ではなく、城崎駅から南へ徒歩7,8分のところにある素泊まりの宿、水郷さんです。

今日は3連休なので、リーズナブルなお値段で泊めて頂けるところはここしかなかったのです。

宿に着くと、屋根つきの駐車場に自転車を停めさせて頂けます。

まずはお風呂へ。温泉街から離れていますが温泉です。
お風呂は我々3人のみ。温泉巡りの券がついているので、他のお客さんは温泉巡りに出かけているのかな。

温泉で汗を流した後は、夕食を摂るべく温泉街へ。

CIMG2505_20181006172110eae.jpg




夜もなかなか風情があります。

3連休とあって、予めアタリをつけてきたお店はどこも満席で、小料理屋で宴会となりました。

宿まで15分ほど歩いて戻り、コンビニで買ったアルコール&つまみで2次会をしてお開きとなりました。


走行距離  165km
 
 
関連記事
コメント
列島横断?
Manohiroと申します。
ブログランキングから訪問させて頂きました。

165Km、一人だから、かなりきついですなあ。

加古川から滝の社の登龍灘を往復して、自転車道を走ったことがあります。

懐かしい地名がありました。

生野越えをやってみたいですなあ。

今後も訪問させていただきます。
2018/10/09(火) 15:46 | URL | Manohiro #E6kBkVdo[ 編集]
No title
コメントありがとうございます。

生野は寺前から播但線沿いに行けば、車の少ないルートで行けます。紅葉の美しい時期にでもチャレンジされてはと思います。

ブログの方は、2日目の城崎~浜坂編もそのうちにアップする予定です。
2018/10/10(水) 00:08 | URL | 休日はチャリおやじ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク