FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

トスカーナへ行こう リフレッシュ休暇でイタリアへ! (サンジミニャーノ編)

2018年10月25日

CIMG3406.jpg


シエナ後半編へ <クリック

サンジミニャーノにやって来ます。 
サンジミニャーノは美しい塔が立ち並んでいる町で、最も多いときには72本の塔が建っていたそうです。
塔は富と権力の象徴で、競い合って高い塔を建てたのだとか。

現在残っているのは14本で、聖堂横にそびえる「グロッサの塔」が高さ54mで一番高いそうです。

サンジミニャーノの駐車場に着くと、トイレがあります。
駐車場にトイレがあるなんて、日本では当たり前のようですが、イタリアでは公衆トイレが少なくあっても有料です。

ピエンツァにも、町中に公衆トイレがありましたが、扉が閉まっており、お金を払わないと入れないようでした。

ここは扉とかは無いようです。
で、中を覗くと、簡易型の自動改札のようなものがあります。
下をくぐったり、乗り越えたりもできそうな簡易な造りですが。

CIMG3288_20190109233454091.jpg




50セント入れると通れます。

反対側には、両替機があります。

CIMG3286_20190109233456ffe.jpg




ツアーの皆さんのトイレが終わったところで、町に向かいます。

サンジミニャーノも城塞都市のようで、このような入口から町に入って行きます。

CIMG3300_20190109233819090.jpg




シエナなどと同じように、細い通りに重厚な建物の並ぶ景観です。

CIMG3301.jpg




通りには、カラフルなパスタを売るお店、

CIMG3312.jpg




イノシシのハムを売るお店などが並んでいます。

CIMG3307.jpg




ハムがぶら下がっています。

CIMG3308.jpg




やがて塔が見えてきます。

CIMG3309.jpg




この町も路地は趣があります。

CIMG3314_20190109234021435.jpg




入って行きたくなりますが、怖い人が潜んでいるかもしれないので、止めておきます。

ここを通り抜けると、

CIMG3318.jpg




広場に出ます。

CIMG3324.jpg




街中の道路は自動車は通行止めのようですが、バスは入って来ます。

CIMG3327_20190109234605a64.jpg




塔をバックに、小型のバスがなんかスタイリッシュです。

CIMG3328_20190109234603452.jpg




広場には、ドゥオーモ(街を代表する教会堂)が面しています。

CIMG3325.jpg




ドゥオーモの横には塔が建っています。

CIMG3329.jpg




この塔は上れるそうです。

で、窓口へ行くと料金は、教会+美術館+塔で、13ユーロ。
塔オンリーは無いそうです。
1700円強のお値段ですが、後々後悔しないために思い切って入ります。

まずは、教会の中へ。

CIMG3338_201901092348116a2.jpg




あくまで塔が目当てなので、教会は急ぎ足で見学。

CIMG3335.jpg




塔に向かいます。しかし、入口がわかりません。

チケット売り場へ戻って、“Where tower entrancs?”みたいな事を言って、入口を確認します。

塔の手前の階段を上って入ります。

CIMG3331.jpg




教会の入口と少し離れているのですが、入口といった表示や、標識などは一切ありません。

お店も看板などはなく、町の景観が非常スッキリしているのですが、いろいろ自力で探す必要があります。

中に入ると、このような階段を上って行きます。

CIMG3343.jpg




もちろん、エレベーターなどはありません。

これは便利にするために元の形や景観を変えてしまう日本とは違って、昔のままのようです。

但し、ここはデザインの国、イタリア。

階段の真ん中の吹き抜けには、アートな垂れ幕がぶら下がっています。

CIMG3346_2019010923530591c.jpg




最後はこのような梯子を上って、塔のてっぺんへ。

CIMG3386.jpg




結構高く、町がこのような角度で見えます。

CIMG3369.jpg




他の塔も見えますが、この塔の方が高いようです。

他の塔にも人が上っています。

CIMG3353.jpg




ズームアップ。

CIMG3358_20190109235745850.jpg




町がよく見渡せます。

CIMG3351_201901092357475ae.jpg




町の外は田園地帯、トスカーナの丘陵地帯です。

CIMG3382_20190110000032a51.jpg




この町が丘の上にあるのがわかります。

CIMG3380_20190110000030f0a.jpg




塔を下り、美術館へ。

CIMG3398_2019011022050071f.jpg




教会のようでもあります。

CIMG3396_201901102204589dd.jpg




しかし、美術館エリアに入った瞬間、5分もしないうちにアクビが。

ほんま、美術家や博物館は苦手です。

外に出ると、広場に面してカフェやドルチェの店などがあります。

CIMG3406.jpg




通りの商店を眺めつつ、来た道を駐車場へと戻ります。

イノシシが睨みを効かせるハム屋さん

CIMG3407_20190110221150ecb.jpg




イタリアらしいデザインのかばん屋さん

CIMG3410_2019011022115296f.jpg




城壁をくぐり町をでると、トスカーナの田園地帯を愛でながらくつろげるカフェが。

CIMG3414.jpg




こんなところで、のんびりと過ごしたいものです。

うらやましいシチュエーションです。

CIMG3296_20190110221155296.jpg




駐車場へ戻ると、バスは今日の宿泊地の、邸宅ホテルへと向かいます。


サンジミニャーノの邸宅ホテル編へ <クリック


MAP




  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク