FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

西宮タウンツーリング(天竜の滝、九想の滝、武庫川、甲子園、タイガースローソン)

2019年6月8日

20190608_015.jpg
  
  
Tさん、K田さんにおつきあい頂き、先日のツーリングのゴールとなった甲南山手駅から西宮の滝を目指します。 
まずは阪急電車の踏切を渡り、線路の山側(北側)のエリアへ。
線路沿いに東へと向かいます。

やがて芦屋川駅前へ。ハイカー多数。山ガールもいます。(そっちへ、行きたい!)

夙川に向けて走ると、やがて2車線道路に。この道路、地図上ではこの先でぷっつりと切れているのですが、地図をよく見ると
歩道の部分のみその先へつながっているように見えるのです。

やがて現地へ。

CIMG5319_20190622205814340.jpg




ダメです。歩道部分もこの先、バリケードで塞がれています。
バリケードの先をのぞくと、通れそうなスペースはあるのですが。私有地なのでしょうか。

迂回ルートで夙川駅を越え、夙川沿いに北上します。

苦楽園口駅前を通過し、甲陽園駅手前で線路を離れ、池沿いの道や住宅地を抜けて、住宅街の道路を進みます。

20190608_001.jpg




行き止まりのようなところを曲がると祠が現れます。

その横に自転車を止めます。

20190608_006.jpg




祠の横の水路に沿って進むと水路トンネルが現れます。

CIMG5320.jpg




トンネル内の水路横の通路を行きます。

20190608_012.jpg




水路を抜けると滝です。

CIMG5324.jpg




前回より若干水量が多いような気がします。

滝の前を渡ると階段があり、トンネルの上へ行けます。

滝を上から眺められます。

CIMG5322.jpg




上を見ると、マンションが見下ろしています。

滝は谷底ですが、滝の横の擁壁の上はマンションなのです

CIMG5326.jpg




ちょうど、やって来たおばちゃんにここで滝に打たれる人が居るのかを聞くと、「若いころは打たれとったんよ」とのご返事。

住宅街の滝の手前に道場があるそうです。

前回は発見にてこずった天竜の滝ですが、2回目なので難なくクリアーできました。

今日は2つ目の滝として、九想の滝を目指します。

九想の滝方面の道に乗るべく、道場の先で右折し住宅街の超急傾斜の道を行きます。

20190608_019.jpg




ダンプも通る2車線の道を上って行きます。

九想の滝の案内に従い2車線の道を外れ脇道へ。

少し行くと谷底へ向かって道は下って行きます。

しかし下らず、山腹を往く道脇道へ。

山道です。

20190608_005.jpg




しばらく行くと、また車道と合流します。

そこは神呪寺(かんのうじ)の付近。

神呪寺手前の茶店に入り一服します。

CIMG5331_20190622211510b4a.jpg




店内に入ると運転台とブレーキが。

市電のものらしく、以前は店の前に元大阪市電の電車があったそう。

雨漏りで処分したそうですが、おじいさんが13万円で買って、50万円かけて運んできたそうです。

ここに自転車を預けて神呪寺をお参りします。

山門の向こうには本堂への石段が続きます。

CIMG5334.jpg




よく見ると、石段の途中を車道が横切っており、車が通って行きます。

20190608_00X.jpg




なんか罰当たりなコース取りです。

石段を上ってお参りし、

CIMG5335.jpg



展望台へ。

CIMG5337_20190622211316701.jpg




南東方面の大阪の中心部がよく望めます。

石段を下って自転車に戻り、山腹道を引き返して分岐地点を谷底方面の道に針路を取ります。

谷底の道を歩いて行くと、そこにあったのは扉と、その奥にチョロチョロと滴る一筋の流れ。

20190608_013.jpg




これが九想の滝です。

CIMG5340.jpg




昨日の雨にもかかわらず、水量が寂しいです。

滝の滴りの向こうにはなにやら、彫り物が見えます。

CIMG5341_2019062221181797b.jpg




不動明王だそうです。

滝の上部へ行く道があるので、行ってみます。

ここが滝への取水部のようです。

CIMG5342.jpg




これにて、滝巡りは終了です。

下山すべく、一旦、神呪寺方面へ。

お寺手前で分岐する仁川へのルートに針路を取ります。

公園内を抜ける下り基調のコースで快適に進みます。

20190608_008.jpg




やがて仁川沿いに下り立ち、川に沿う道路を下り仁川駅付近へ。

駅近くの大阪王将にて昼食後、更に仁川に沿って下り、武庫川へ。

河川敷をどんどん河口へと走ります。

20190608_018.jpg




序盤は木が生えていたり、少年野球のグラウンドがあったりしますが、下流はそのようなスペースもなく、コンクリートだけの空間となります。

20190608_002.jpg




そして右岸(西岸)の果てへ。

CIMG5348.jpg




河口まであともう少しありますが、河川敷はこれ以上辿れません。

ここで、おっさん3人で記念撮影。

20190608_007.jpg




帰路につくべく駅へと向かいます。

堤防を越えて町に入る必要がありますが、このエリアから町に入ろうとすると、これを越えなければなりません。

CIMG5347_2019062221182348f.jpg




ムリです。

もう少し穏やかに越えられるルートのある部分まで戻ります。

町中を走ってやってきたのはここ。

歓声が聞こえます。

20190608_015.jpg




こんなスポットもあります。

CIMG5349.jpg




最後に甲子園口駅まで一っ走り。

こんなローソンが現れます。

CIMG5351.jpg




ここで、自転車と共にタイガースローソンを写真に収めました。3人共やっています。

CIMG5355.jpg




甲子園口駅でフィニッシュとなりました。

走行距離 約34km

コース

甲陽園駅付近からのコース


 
  
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
月別アーカイブ
リンク