FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

淡路島の小田の滝へチャレンジ & 棚田巡り

2020年6月20日

CIMG6240.jpg


今日は、Tさんにおつきあい頂き、7:30 のジェノバラインで淡路島へと渡ります。 

20200620_002.jpg


目指すは、東浦から仁井へのルートの少し外れにある小田の滝。
グーグルマップに載っている滝です。昨日は結構な量の雨が降ったので、迫力ある滝が楽しめそうです。

予め調べてきたルートに従い、吹き戻しの里の手前で県道を外れたルートに針路を取ります。
ググっと上ると見事な棚田エリアに出ます。

CIMG6189a.jpg




ここは自転車を止めて撮影タイムにします。

CIMG6187_2020062810391700a.jpg




その先には、見事なアジサイが。

CIMG6196.jpg




ほんとキレイな色のアジサイです。

CIMG6198_20200628103921574.jpg




更に上って行くと河内ダムの横を高度を上げていきます。

更に上りますが、GPSナビには、小田の滝付近を通るようにルートを仕込んでいますが、小田の滝がどこにあるのかは設定していないので、どの付近にあるのかがわからなくなります。

ちょうど草刈りをされていた方がおられたので聞くと、行ったことは無いそうで、ネットに載ってるのか? と聞かれます。
その後、仕事の手を止め、軽トラに乗って先導してくれます。

ここを下ったあの森の辺りとお教え頂けます。
我々はいつのまにかGPSナビのルートを外れてムダに上っていたのでした。

急坂を下り、少し行くと標識があります。

CIMG6201_202006281039238c6.jpg




しかし、その先は金網でガードされています。
金網の向こう側へ入ると畦道があり、そこ以外に歩けそうなところが無いので進みます。

20200620_005.jpg





やがて川にぶつかりますが、再び金網が。

20200620_004.jpg




向こう側へ行くと堰堤があり、なみなみと水が溜まっており、こちら側の岸は進めそうにありません。

CIMG6200.jpg




堰堤の上を渡り対岸へ出れば進めそうですが、堰堤の上は濡れており、真ん中部分は木の柵のようになっており、幅が狭いです。
こんなところをSPDシューズで無事に渡れるはずがありません。

他にルートらしきところもみつからず、滝らしき音が聞こえていますが、諦めて金網を元に戻しつつ撤収します。

自転車にまたがり、もうひと上りすると仁井です。

CIMG6203.jpg




今日もマスクのお姿です。

そこからは先々週に辿った険道157号を辿ります。

そのまま険道を行くのかと思いいや、険道から派生する路面の状態が劣悪な平行道をTさんが辿り始めます。

前回、尾根の先の棚田が見えましたが、その棚田のある尾根の根元部分を通過します。

尾根の先の部分に、まるでプールのような長方体の棚田が見えます。

CIMG6206.jpg




このルート、曲がりくねっていますが等高線に沿っているのかフラットです。
道路脇は竹林でタケノコが生えています。

この道、GPSナビには表示されず、どこに続くのかわからないので、適当なところで引き返します。

険道157に戻って大塔峠を目指します。

前回と同様に峠手前は登れず押します。

そして遂に大塔峠にロードで辿り着きます。

CIMG6208_202006281049452dd.jpg




峠の下りは急な上、路面は劣悪で苔も生えているので、下りですが押して行きます。

CIMG6210_202006281049469bf.jpg




やがて乗れる勾配と路面となり下っていきます。

今日はそのまま県道157を直進せず、道なりに続いている方へ行きます。

西海岸へと抜けるルートです。しかし、このルートアップダウンの連続です。

なんとか走り切り、東海岸と西海岸を結ぶ県道に出ます。

県道をまだ上らされるのかと先を見ると、すぐ先に峠がみえます。

今走ってきたルートと県道の交差点に変わったポストがあります。

CIMG6211_2020062810494811e.jpg




淡路島のヒルクライマーが東海岸から上ってくるタイムを競い記載するポストなのでしょうか。

CIMG6213_20200628104949d51.jpg




中身を見ればわかったのでしょうが、アップダウンでヘロヘロで見る気力なし。

峠は、ヒヤリ峠です。

その先は、棚田エリアです。

CIMG6215_2020062810572131e.jpg




峠直下の標高の高いところまで田んぼがあります。

ヒヤリ隧道のすぐ近くまで来ているので寄ってみます。

CIMG6219.jpg




相変わらずの風格? です。

CIMG6224.jpg




隧道を見学した後は、そばカフェへ行き、そばを食べることにします。

その途中にも棚田が。

CIMG6233.jpg




真ん中の池が良いアクセントになっています。

CIMG6239.jpg




生田畑のそばカフェへ。

CIMG6248.jpg




そばと天ぷらのセットをオーダーします。

CIMG6243.jpg




そばを堪能した後は、西海岸に向けて下山? を開始します。

室津より北上を開始します。

西海岸は追い風基調ながら、久々のアップダウンの連続に、脚が超ダルダルでTさんに引いて頂いて25km/hぐらいでゆるゆると北上します。

岩屋から14時のジェノバラインで帰路につきます。

本日の走行距離は76km。累積標高は644mで、どちらも淡路島1周の半分程ながら、最近ではMaxレベルの脚ダルダル状態の体たらくでした。


MAP
バッテリー切れで帰路の途中で切れています。
GPSナビ、そろそろ買い換えないとダメなのかな。
 


 

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク