FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2009 淡路島トレーニング ツーリング

2009年5月10日

R0010297.jpg

5月24日の北播磨サイクリング大会の参加に向け、Mさん、Oさんと淡路島へトレーニングを兼ねたツーリングに出かけます。
Oさんは、淡路島初ツーリングと言うこともあり、Zita Bata定番コースとなりつつある、花さじきへの尾根コースへと誘います。

ジェノバライン(高速船)の乗り場に8:45集合ながら、8:30頃に到着すると、すでにお二人は到着済み。Oさんは8時頃にやってきたとか。凄い意気込み?です。
R0010253.jpg

いつものごとく、淡路IC前の交差点より、花さじきへの上りに入ります。花さじきは、地図での推測で標高が280mほどあります。しかし、淡路ICより距離をかけて、比較的ゆっくり上っていくので、由良から灘方面への上りより楽に感じます。ちなみに、ここより辛く感じる由良からパラダイスへの山越えは160mほど、その先にある土生から阿万への山越えは100mも上ってません。
R0010261.jpg

淡路花さじきでは、お腹が空いてきたので、びわ大福を食します。3個400円とちょっと高いですが、びわの実らしき粒がはいっており、とてもおいしかったです。写真を撮っておけば良かった。ちなみにOさんは、びわソフトでクールダウンを図っています。
R0010268.jpg

目玉の花畑もあります。
R0010272.jpg

ここからは、淡路島北部の山腹を、等高線に沿うように延びる道をつなぎ合わせて走ります。小道をつなぎあわせてコース開拓したつもりでしたが、今回、googleマップ上にコースを落としてみると、なんと県道を辿っていました。車で走ると狭くて険道にしか見えない道なのですが、これがチャリには快適です。
R0010286.jpg

海辺から立ち上がった山岳地帯の中腹を行くので、見晴らしは良いです。
R0010276.jpg

上りは辛そう?です。
R0010291.jpg

そして本日、淡路花さじきに次ぐ目的地、ヒヤリトンネルに到着。
R0010297.jpg

いつ来ても、インパクトのある入口です。
R0010301.jpg

ここで力が尽きたのか、トンネルの先の上りは押し始めます。
R0010305.jpg

上の写真の舗装路右の森の中に、トンネルがあります。

ここから西海岸の室津へ抜けます。尾根筋から西海岸へ下るルートは、急勾配で海まっしぐらで下る急なルートが多いのですが、このルートは内陸を海に向かって斜め方向へ下る川に沿っているので、比較的緩やかに下り、下りを長く楽しめます。

ちなみにこのコース、淡路ICから室津まで約30kmの間、信号がありません。かといって人家が全く無いわけでもなく、ドリンクの自販機は何カ所かあり、トレーニングにはもってこいです。

室津のコンビニで食料を調達し、公園で昼食を摂ります。昼食後は、明石海峡大橋下の道の駅を目指し、各自のペースで走ります。
R0010311.jpg

道の駅で休憩していると、たこフェリーがやってきました。
R0010316.jpg

帆船もやってきました。
R0010319.jpg

だんじりまでやって来ました。
R0010327.jpg
 
岩屋港、15:20の船で明石へ渡り、解散。

本日のツーリングは、須磨、明石の往復込みで、約78kmでした。


より大きな地図で 淡路島 Zita Bata トレーニングコース を表示
 +ボタンで拡大します 
 
 

  
人気ブログランキングへ 
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク