FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

2009 南淡路ツーリング (サイクリング) Ⅱ

2008年6月14日

R0010344.jpg

今日はYさん、Sさんとの淡路島ツーリング。朝9時に我がマンション前に集合し、高速1,000円を利用して明石海峡大橋を渡ります。

今回は津名一宮ICで下り、車を置くべく、予め調べておいた「淡路香りの公園」を目指します。しかし、入り口の急坂を見て(帰りはチャリで上る必要があるので)急遽、すぐ横にある淡路市ふるさとセンターに変更します。
今日のコースは、津名一宮IC近くから、淡路の内陸を縦断する県道66号を南下し、福良の手前で国道28号線に合流し福良まで行き、海沿いにうずしおラインを経由して阿那賀に抜け、あとは西海岸沿いをひたすら北上して郡家で内陸に入ってゴールとなります。

より大きな地図で 2009/06/14 南淡路ツーリングⅡ を表示
+ボタンで地図がズームアップします

県道66号は、内陸を緩やかにアップダウンを繰り返しながら南下していきます。淡路島の真ん中辺りにある、鮎原を思ったより早く通過。普段は岩屋を基点に走っているので、鮎原はかなり走り込んだ折り返しに近い地点にあり、内陸の奥深いところというイメージがありますが、今日は津名一宮まで車で来ているので、なんか近く感じてしまいました。

途中、分岐を間違え西海岸方面に走ったりしますが復帰。その先では馬が行くのが見えます。
R0010343.jpg

一般道での馬との遭遇が初めてなら、チャリで馬を追い越すのも初めてです。さすが淡路島、パラダイスがある島だけあります。
R0010342.jpg

やがて、県道66号は丘陵地帯を抜けて平坦地となり、高速の下をくぐり、だんだんと旧道っぽい狭い道となり、国道28号にぶつかって道は終わります。合流地点から福良までは3kmほどを残すのみ。

国道を福良の街へ向かって下っていくと道の駅にぶつかって終わります。海辺には観潮用の船が停泊しています。良い天気です。
R0010346.jpg

ここからは、福良の街を抜け、うずしおラインに向かいます。途中、20年ぐらい前にYさんとの1泊ツーリングで泊まった民宿前を通過。まだ健在のようです。ちなみに当時は1泊2食で8,000円で、タイの活け造りが1匹、ほうらく焼きに1匹と、2人に対し、タイが2匹も出てきました。

うずしおラインはアップダウンの連続で上りでは一気にペースが落ちます。ただ、下りでは50km/hぐらい出たりします。大鳴門矯への盲腸のような区間は「行って来い」なのでパスし、阿那賀を目指します。
R0010348.jpg

阿那賀で海岸線に出、以降は基本的に海岸線沿いになります。ここからは西海岸を郡家まで北上です。
R0010355.jpg


向かって右の丘の上には、風力発電の風車がずらっと並んでいます。しかし全部反対方向を向いています。と言うことは向かい風・・・まあ、いつもの事です。
R0010350.jpg

ここからは小休憩が数回あっただけで、慶野松原、五色浜などを経由し北上します。
R0010353.jpg

郡家で右折し終了。走行距離は83km。高速1,000円おかげでいつもはなかなか足の延ばせない、阿那賀まで行けました。この後は、パルシェ香りの湯で汗を流して淡路島を後にします。

ちなみに、このトリオは一昨年の郡上ツーリングのメンバー。今年の郡上ツーリングの日程を調整し、解散となりました。


  
人気ブログランキングへ
 
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク