FC2ブログ

神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。コメントは大歓迎です。

播磨中央公園>>女切峠>>遠坂峠>>小野尻峠 ツーリング

2009年6月28日

R0010380.jpg

南淡路ツーリングから2週間。これ以上インターバルが空くと、元々ヘタレな体が走り方を忘れ、益々走れなくなります。
今日は一人でほどほどの距離を乗って、維持に努めようと思います。明石9時のジェノバラインで淡路を目指して準備しますが、準備にてこずり間に合うか微妙な時間に。乗り損なうと40分待ちなので、急遽チャリを車に積んで、播磨中央公園を目指します。

釜坂峠を目指し西へとスタートします。しかし一人なので緊張感もなく、チンタラペースでスピードも気持ちも乗らないまま、遠坂峠からのコースに合流する交差点を通過。更に西へ進みますが、いつもと同じコースを走るのもアホらしくなり、北方向へ右折。遠坂峠から下ってくる際に通る谷の、山一つ隔てた西の谷を上って行きます。

R0010364.jpg

谷を遡ったところで、小さな峠を越えて、東隣の谷へ移動します。丘を越える程度の峠ですが、名称があり、「女切峠」。

R0010366.jpg

石碑のようなものがあり、説明も書いてありましたが、現代語では無いようなので、読む気もせずにパス。少し走ると、遠坂峠の登り口へ。木々の凹んだ一番低い部分が峠と思われます。

R0010367.jpg

釜坂峠、舟坂峠、遠坂峠の3峠では、一番しんどい遠坂峠ですが、いつもとは反対方向からの登りだと、登り口の標高が高い分、峠が見えており、そう苦しまずに登り切れます。まあ、今日最初の峠というのもあるでしょうが。

上り始めると軽快なエンジン音の車が近づいてきます。追い越していったのは、スカイラインGT-R。
そのままエンジン音が遠ざかっていきますが、折り返しを過ぎたのか、まただんだん近づいてきて音が消えていきました。もう峠を越えたようです。
一人なので峠での休憩もなく、そのまま下りきり、今度は野間川沿いに上ります。野間川は吉永オプションの際に下ってくるコースであり、北播磨サイクリング大会の復路のコースでもあります。上り基調ですが追い風に押されるように、上流へ遡っていきます。北播磨サイクリング大会の際に越えてきた峠に反対側から上ります。
こちらからの方がきついようですが、やはり峠までの距離は、ここまで上ってきている分、反対側より短いようです。

この峠も休憩なしで通過し一気に下り、国道427号線を東に走ります。北播磨サイクリング大会のコースを逆向きに走り続けています。「たいこ弁当」の交差点を直進し、国道427号線から外れます。ここから丹波方面に向かう県道86号線を行きます。やがて峠に向かってのアプローチの上りとなり、山にぶつかったところでトンネルに吸い込まれます。トンネル手前の道路脇の広場に自転車を置き、旧道を探します。現道と並行するように山道が延びています。岩が転がっていますが、路面は舗装されており旧道のようです。道はすぐに山にぶつかりますが、そこにはオーラを発する物体が、山の反対側からの光を見せつつ、その回りを漆黒の闇が取り囲んでいます。

R0010371.jpg

ヘタレでビビリの私はこれ以上近づけません。チャリを45km程漕いでやって来たのに、早々に退散です。
しかもなぜか小便がしたくなります。旧小野尻隧道、恐るべしです。通常、旧道のトンネルは現道より標高の高いところに現行のトンネルより短い構造物で存在するケースが多いですが、ここは新旧トンネルがほぼ同じ標高にあり、長さも同じぐらいのようです。

現道のトンネルをくぐると、丹波市です。

R0010375.jpg

ちなみに反対側の坑口へはバリケードがしてあり近づけませんでした。

R0010374.jpg

今日はこのトンネルを見学できれば良いなとは思っていたのですが、どのルートで来るかは決まっておらず、結果的にとんでもない大回りでやって来ました。

そのまま県道86号を行きます。地図は持ってないのですが、どこかで国道175号と交差するはずとの読みからです。

山を駆け下り、これが加古川?と言いたくなるほど水のきれいな加古川を渡り、国道175号線に合流。この付近の国道175号線は、加古川沿いを行きます。

R0010379.jpg
振り返って撮影

あとは向かい風と闘うこと1時間強。播磨中央公園に到着です。今日は曇りの予報でしたが、途中から晴れて暑かった。国道は山間部の道と違い日光を遮るものがなく、特に帰りの熱風の向かい風は堪えました。夏場のオーバーヒートの原因ですね。

本日の走行距離は、約73kmでした。


より大きな地図で 播磨中央公園>>女切峠>>舟坂峠>>小野尻峠 ツーリング を表示
+ボタンで地図が拡大します



  
人気ブログランキングへ  
関連記事
コメント
No title
せっかくの隧道やのに~!
上には旧の峠道もあるし~!
2009/07/19(日) 07:04 | URL | やまあそ #o25/X8aE[ 編集]
No title
隧道に反応頂きありがとうございます。
ロードに乗るときの格好はですね、上は半袖、半パン、靴下もくるぶしまでしかない非常に短いのをはいています。これで山道に入ろうとすると、漆黒の闇を前に草が足に擦れまくり・・・
要は一人ではよう行かんという事です。
山あそさんもロードを買っていっしょにこういう所へ行きません?
2009/07/19(日) 16:28 | URL | チャリ親父 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

休日はチャリおやじ

Author:休日はチャリおやじ
神戸の海沿いに住む自転車好き親父のブログです。Team ZitaBataに所属。自転車或いは、自転車に乗るためのKS(家族サービス)活動などの話題を取り上げたいと思います。
コメントは大歓迎です。

カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
神戸とけい

神戸の会社設立屋が送る神戸時計
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
この記事のアクセス
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク